写真やら登山やらの趣味日記



さだP-さんと川上村の御船の滝に行ってきました。
6Dで何か撮りたいと考えていたら、以前さだP-さんが凍結路に挫折してたどり着けなかった御船の滝を思い出してさだP-さんを誘ってみました。
ここ数日寒かったので氷瀑が見れるはず。

朝は早いほうがいいということで4時45分にうちに来てもらって約1時間で「井氷鹿の里」到着。
早すぎましたorz

車内で明日登る山を決めつつ6時40分頃に出発。
井氷鹿の里から先の林道は冬期通行止めらしく約2.5kmの坂道を延々と登ります。
6Dと三脚が入ったザックが結構重い。
すると途中で落ち葉マークをつけた車に抜かれましたorz
通行止めじゃなかったのかと若干後悔しましたが要所要所にある氷柱に癒されました。


この部分だけ完全凍結してて歩くのすら怖かったorz
約1時間歩くと目の前に急な坂が現れました。


もしこの坂が凍結していたら登れないやんと思いました

急な坂の手前で先ほどの車が駐まってました。
乗っていた2人がカメラの準備をしていましたがどうやら滝はこの坂を登らずに左に曲がって130m先にあるそうです。
夏場は坂の手前の広くなった場所に車を駐めるようですね。

ちなみに2人組のうち1人の方は何と80歳らしいですが非常に元気でした。
80歳の方は恐らくデジイチで相方さんは中判カメラを装備していました。
2人ともピッケルまで無駄に装備した雪山仕様の我々を見かけて釣客だと思ったようですw
まだ準備に時間がかかりそうなので先に行かせてもらいました。
 

これだけ見たら登山ですねw

滝の音が近づいてきますがなるべく見ないように歩きます。
そして滝に到着して見上げると・・・


かなりの部分が凍って良い感じの氷瀑になってました


凍って滑る岩場を降りて真下から見上げましたが大迫力


今度は横から


氷が分厚くてカメラを乗せたぐらいでは平気でした


氷と水のコラボが良い感じです


氷が透き通ってました


展望台もありますが木が少し邪魔

気が付けば1時間半ほど経っていて寒くなってきたので撤収。
ご老人はまだ粘るそうですが元気すぎます。

帰りも凍結している道に恐怖を覚えつつ氷柱に癒されましたw


細い氷柱は繊細な感じがして好きです


行くときは凄いと感じた岩戸の滝も帰りに立ち寄るとなんかイマイチ

どうでもいいですが御船の滝がある場所は約標高900m。
先週登った蛇谷ヶ峰と標高がたいして変わりませんなw

帰りに吉野家で特盛り牛丼を食べて昼前に帰宅。
2月ぐらいにもう一度行ってみたいと思う滝でした。

超広角レンズが物欲リストのランク上位に上がってきたようです。

こんな記事も書いてます

コメントする

名前
 
  絵文字