写真やら登山やらの趣味日記



さいんつさん、さだPーさんと一緒に明神平に登ってきました。
バタバタしてたので最近は山に疎遠で前回登山から1ヶ月ちょい経過してます。
当初は伊吹山という案もありましたが、木曜時点で近畿北部は天気がイマイチだし伊吹山は今年は雪がなさ過ぎるので一度行ってみたかった明神平を選択しました。
天気が良ければ明神岳から檜塚奥峰まで抜けて絶景を堪能する予定です。

5時半頃にプリウスが到着して荷物を乗せ換えて出発。
オークワで食料を確保して7時過ぎに駐車場に到着。
途中まではプリウスで来れたねと最近お決まりの会話で走ってましたがラスト数キロは完全に積雪してました。
天気は曇り時々晴れで空を見る限り青空はあまり期待できません。


車高がやたら低く見えます


この駐車スペースも帰りには満車


モノトーンも悪くはない

7時半に出発ですが先行は前泊してたと思われる1組だけで先ずは淡々と林道を登ります。


先行者のトレースが続きます

先行グループを途中で抜いてトレースなき道を登りますが30分ほどで以前の台風で壊滅的に破壊された箇所に到着。


左側の壁の上部が本来の林道があった高さです


壁には分厚い氷がはってました

この先を少し進むと林道が終了して登山道に入ります。
参考にしてた地図のコースタイムは林道終点からのタイムだったのでここからのタイムだったのかもと帰宅してから思いました。

登山道に入ると数回沢渡がありますがどこも虎ロープが渡してあるのでとても親切設計です。
沢渡にトラウマがあるさいんつさんは非常に慎重に渡ってましたw


複数のロープはどれも非常に使いやすい位置に渡されてます


2つめの沢は渡ったら脚立を登ります

脚立を登ると旧あしび山荘があります。
天王寺高校山岳部の建物ですがかなり前に倒壊して今は放置されています。


ロゴマークが印象的な旧あしび山荘


「FISH」の意味が気になる岩


雪深くなってきました


エビの尻尾も結構成長してます

一カ所トラバースがありますがピッケルに持ち替えるのも面倒だしストックのまま突入しました。
ストックじゃ支えきれずに滑りましたorz


この後に滑ってあわや滑落の危機orz(PHOTO:さいんつ)

ストックじゃ完全に身動きが取れずさいんつさんのピッケルを拝借。
すると簡単にクリア。
やはり道具は適材適所だと痛感。


天候はどんどん曇っていきます

10時半に明神平に到着。
もっと広い場所だと思ってましたが意外と狭いんですね。


あしび山荘(非公開)を発見

あしび山荘脇は風が通るので天理大学の建物の脇で昼食です。


今日は野菜たっぷりの豚汁鍋


シメは雑炊


一瞬太陽が出たりします


水無山


前山方面に一瞬青空が登場

食事の片付けが終わったのが11時15分。
前山~明神岳~檜塚奥峰は夏のコースタイムでも1時間半近く必要です。
雪があるので往復すると下山時刻が危うい・・・
しかも雲が多いので肝心の展望が期待できないので今日はここまでにしました。

というわけで下山開始。


雪の中でも犬は元気でした

帰りはさすがメジャーな山なだけあって続々と下から登ってきます。
そのお陰で登山道は踏み固められて登りの苦労がウソのようです。
最後の沢渡の箇所では山ガール御一行と遭遇してテンションが上がりますが岩を登ろうとしてるのに一番邪魔な場所に立たれたのが残念ですorz
でもこんな時間から登って時間内に下山できるのか凄く気になりましたがツアーなんで大丈夫なんでしょうね。

13時に下山して道沿いにあるやはた温泉でサッパリ。
先週家で挫いた左足首が少し痛むけど疲労感は全くなしw

温泉の後は隣にある廃校になった築100年の校舎を再利用したビジターセンターの食堂へ。


いかにも昔の学校という感じです


薪ストーブが暖かいし良い雰囲気を出してます


軽くざるそばをすすりました

資料室ではチェーンアートなる物の展示があるそうなので少し見てみました。

チェーンソーで細かく作り上げてました

下山が早かったので15時には帰宅しました。
晴れ予報を信じてたのに少し残念な天候になりましたがこればかりは運ですね。
次回は晴れた日に明神平でまったりと鍋でもするかダッシュで檜塚奥峰を目指したいと思いますw







こんな記事も書いてます

コメントする

名前
 
  絵文字