写真やら登山やらの趣味日記

大台ヶ原

久々に大台ヶ原で星を堪能してきました。
今週末大台ヶ原に行こうということになりましたが天気を見ると土曜の夜はダメな感じ。
そこで金曜の夜はどうかと思い気象庁やウェザーニュース、GPV気象情報をチェック。 
どこも大台ヶ原の夜中は曇り予報ですがGPVで雲を見ると大台ヶ原の手前で切れてそうな感じ。
そして自宅から見た空は大丈夫そうだったので決行しました。

12時過ぎに家を出て近所でピックアップしてから大台ヶ原へ。
大台ヶ原ドライブウェイは雲の中を走ったので視界が数メートルでしたがそんなことは気にしないw
2時過ぎに駐車場に着いて空を見上げると・・・
思わずにやける満天の星空でした(*´∀`)

ポラリエを準備して6DではなくX4を装着。
10-22mmの超広角で撮ってみたかったんですよ。
それにいつも使っている50mmじゃポラリエを適当に導入しただけだと結構流れちゃうんですよね。 
天の川
天の川
10mm F3.5 SS75秒 ISO1600

広角なだけあって流れてる感じはしませんね(*´∀`)
よく見ると天の川に流れ星か人工衛星の軌跡が重なってます。

森に流れる天の川
森に流れる天の川
10mm F3.5 SS75秒 ISO800

天の川
天の川を長時間露光
10mm F3.5 SS440秒 ISO800

拡大すると流れてますがそんなに違和感ないですね。

流れ星に見とれたりしているうちに気が付けば3時半。
今日の日の出は4時52分で、1時間ぐらい前から東の空が明るくなってくるはずです。 
山登りはしないというやつをレガシィに放置して日出ヶ岳を目指します。
ということは真っ暗な登山道をヘッドランプを頼りにソロで登山ですorz
たまに鹿にビックリしながら30分ほどかけて風がきつい山頂に到着。
既にヘッドランプは不要なほど明るくなってきているのですぐにカメラの準備をします。 

朝焼けが始まりました
ちょうど良いタイミングでした

山々の朝
北側の山々もシルエットが浮かび上がってきます

2台体制
カメラは70-300mmな6Dと10-22mmなX4の2台体制ですw 

朝日に輝く太平洋を期待していましたが今日は雲海でした。
でもこれもまた良い味をだしますね。

間もなく夜明け
東側の空がオレンジになってきました 

富士山はどこだ
空気が澄んでいるうちに北東方面を撮影します

現地では目視ではもちろん液晶でも確認出来ませんでしたが富士山が見えました(*´∀`)
大台ヶ原は富士山が見える遠隔地第6位の場所で年に数回しか見ることが出来ません。
ちなみに1位は和歌山らしいです。
というわけですがどれかわかりますか?

正解は・・・
富士山はここ
赤四角の部分です

家のPCでチェックするまで見えてないと思ってたので嬉しいサプライズです。
太陽が登りだすと空気中の水分が増えて透明度が下がるのでこのチャンスしかないと思います。

IMG_1106
そうこうしているうちに空のオレンジが濃くなって日の出が近づいてきます

ご来光
雲海から頭が出てきました

ご来光
もの凄く神々しく思えるご来光

 山々が目覚めてきました
山のシルエットもハッキリしてきます

雲海がオレンジに染まります
超広角でのご来光

大台の木々もオレンジに
大台の立ち枯れした木々もオレンジに


西側にある大峰山脈の山々が雲海に浮いていて非常に幻想的でした。
釈迦ヶ岳もオレンジに
釈迦ヶ岳もオレンジになってきました

山上ヶ岳も染まりました
山上ヶ岳も同様にオレンジ

見事な雲海

 雲海を照らす太陽
雲海が幻想的でした

落ち着いてきたので撤収です。
三脚を2本は重いだけで無駄でしたねorz

日出ヶ岳をあとにします
山頂をあとにしました

そのまま帰るのも面白くないので分岐を直進して尾鷲辻経由で帰ることにしました。 
ウッドデッキで歩きやすい
環境保護のためウッドデッキが続きます 

霜
滑ると思ったら霜でした

荒廃した山と雲海
立ち枯れの木々とそのバックに雲海に浮かぶ釈迦ヶ岳

以前休憩した場所
以前来たときに休憩したポイントですなw

笹だらけ
両サイドは笹だらけです

いつものトレッキングブーツじゃなくてトレランシューズだったので少し歩き方に違和感を感じながらマッタリと駐車場に戻りました。

今回は遠回りするつもりなかったので非常食はもちろん食料・飲料なしで行動してました。
車にも食料はないしコンビニはかなり走らないとないので帰り道は空腹で倒れそうでしたorz 

でも星もご来光も満足出来る体験でした。
雲海、それに世界遺産に登録される富士山も撮影出来たことだし満足です。
大台ヶ原は雲が切れると予想したのも大正解でした。
気に入ったのでまた行きますよ。 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字