写真やら登山やらの趣味日記



グロさん、さいんつさんと一緒に武奈ヶ岳に登ってきました。
今回はいつもの(といっても私は1回しか登ってませんが) 御殿山コースではなくイン谷口からのコースです。

4時過ぎに自宅を出て給油やらをしてから茨木駅へ。
5時半に待ち合わせでしたが5時過ぎに到着。
しばし待つか・・・と思ったら早めの電車に乗ったようですぐに合流。
6時過ぎに駐車場と思われる場所に到着して登山届けを提出。
6時20分にアタック開始。


天気は凄く良い感じです

5分ほど歩くと大きめの駐車場を発見。
どうやらここまで車で上がれたようですね。


ここまで車で上がれましたね

ゆるやかな林道を10分ほど歩くと登山口(?)に到着。


今回は左の青ガレ・金糞峠を目指します


沢沿いに登るのでマイナスイオンたっぷりで気持ち良い道のりです

登山口から30分程でこのルートの難関と思われる青ガレに到着。
ここまでの道中は「落石注意」の看板が多数ありましたが設置理由がわかる気がします。


このガレ場を登ります

霊山の登りに比べると難易度・距離共にたいしたことがないように思えましたが、下りや雪の季節はどうなるかわかりませんね。


岩は小粒になってきましたがしばらくガレ場が続きます

しばらく登って8時15分に金糞峠に到着。

名前が悪い峠ですな・・・

ここからの眺めは良いと事前情報を得ていたので期待して振り返ります。

ガスっていて琵琶湖があまり見えずに残念・・・

ここで少し長めの休憩をして次はコヤマノ岳を目指します。
この辺りによく来ていると思われるおじさんに金糞峠の先の橋をわたってすぐの所に武奈ヶ岳に続く最短ルートの看板があるからと言われました。
せっかく登ったのに下りに入りテンションは下がりますがしばらく歩きます。

アスレチックみたいな橋を発見

橋を渡ってすぐに面白い木を発見しました。

面白い幹だと思って見てたら手前に最短ルートと書かれた小さな看板を発見

最短ルートを選ぶか悩みましたが、このルートが地図に載っているのか不明だったためスルーして沢沿いを歩きます。


凄く綺麗な場所でした

沢の脇でテントを張って釣をしている人がいましたがなかなか贅沢な遊びですね。
そういえばもっちーさんもたまに武奈ヶ岳に釣に来てると言ってたような気がします。 

沢の横に登山道ということは当然沢渡もあるわけで・・・

沢渡のプロですw

さらに進むと分岐があって「積雪期は直進して中峠へ」という感じの案内がありました。 
雪なんてないので右折して一気に尾根まで上がりますがこれってさっき分岐した最短ルートのような気がします。

尾根道を歩きますが普段サボっているので結構疲労が溜まってきます・・・
そんな時に事件が。


木に足を食われている登山者を発見w

ここにきて急に天気が悪化してきてどんどん雲が増えてきます。
そこで思い出したのが雨具忘れたorz
ザックの中には水分と昼食のおにぎりと携帯トイレしか入っていませんorz
携帯すら車に忘れてきたぐらいボケてます。
夏山は必須の着替えも持ってきてないしダメダメですな・・・


幻想的ではありますが・・・

雨が降ったら戻るしかないけどとりあえず進みます。
そして9時40分にコヤマノ岳を通過。


展望ゼロのコヤマノ岳

その後も小休憩を挟みながら10時過ぎに山頂に着きました。

真っ白&風が強い山頂

風が強いですが、お腹が空いたので少し風の弱い場所を探して昼食。
夏山だから不要と考えてましたが温かいラーメンとか持ってくるべきでしたね。

昼食タイムも終わり下山しますが、積雪時に青ガレが危なそうなときの迂回路を探すためにも別ルートで降りることにしました。
というわけで途中の分岐を八雲ヶ原方面に向かって歩きます。
すると2004年で営業が終わった比良山スキー場跡に出ました。 


ここのスキー場って昔からあるのは知ってたけど来たことがないんですよ 

ゲレンデ跡を下って八雲ヒュッテ跡を目指します。
ゲレンデを下り終わると池を発見。
地図によると八雲ヒュッテ跡の先に八雲池があるようですが距離的におかしい・・・


池に大量のヤモリがいて喜んでましたw

看板の情報を総合するとどうやらここがヒュッテ跡のようですね。 
次は北比良峠を目指します。
10分ほど登ると大きなケルンを発見。

北比良峠に到着

登山道を登ってきましたが、ゲレンデを登っても合流出来たようです。
風が気持ちよかったのでまたここで休憩。


晴れてたら凄くよさそう


振り返ると武奈ヶ岳の山頂が見えました

12時前に出発してラストスパートですが、そろそろ膝が限界でプルプルしてますorz
普段から鍛えないとダメなのはわかってますがなかなか・・・

約1時間ほどで下山して駐車場に戻りましたが登山道入口から駐車場までの舗装路の下りが一番辛かったかも。


無事ゴール

後片付けをして近くにある比良とぴあを目指しましたが、グロさんは2年ほど前に来ているのに覚えてませんでした。


温泉でサッパリしてお腹が空いたので湖西道路を通らずに国道を走ってCoCo壱にピットイン。
他の店よりボリューム感のある店でしたが何でだろ。 
でも大満足(*´∀`) 

帰りも茨木駅まで送り届けて18時過ぎに帰宅。
目的通り汗かきまくりの登山で楽しかったです。
そしてハイドレーションが物欲リストに加わりました。 

9173153345_5fc46cea48_o


9175375738_bbfef4b496_o


 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字