写真やら登山やらの趣味日記



熊野にある丸山千枚田に行ってきました。
本当は明日行く予定でしたが天候の加減で急遽前倒しです。

棚田は機械化が難しく衰退していくなかでこの地域は棚田オーナー制を導入したりと保護に力を入れています。
稲刈りもイベント化してボランティアを呼んだりと色々な試みをしているようです。
そんな稲刈りイベントは今年は9/8だったのでその前に行かないと稲穂が見れないということで今週がラストチャンスだと思います。

地元から約3時間で現地に到着。
何カ所かに駐車場&展望台が設置されています。
先ずは上から見ていきます。


三脚が置いてあって「カメラスポット」と書かれてました


個人的にはカメラスポットより左手のこっちの景色の方が好きです

この地域は撮影されることも意識していてカメラスポットにはお花を植えたりしているようです。
今日は花は見当たりませんでしたが。 

一部の棚田では稲刈りが始まっておりギリギリセーフでした。
天気も時折晴れ間が見える曇り空で悪くなかったのが救いです。

一通り見たので次の駐車場に移動。


棚田のど真ん中です


凄くベタなかかし

 
凄く楽しそうなかかし達


こいつは強そうw


ど真ん中におにぎり岩と呼ばれる巨石がありいいアクセントになっています


昔はモノレールも使ってたようですが今はレールが錆び錆びです


黄金色の棚田を横から撮影


見上げてみたりもしました

次は少し離れた展望台に移動。


標識も立派なもんです


こんな感じで見下ろせます


おにぎり岩が良い感じに主張しています

一通り見て満足したので次はどうしようか・・・ということになりこれも前から見たかった橋杭岩に行くことにしました。
距離にして70kmは近くないけど自宅からわざわざ行くことを思えば遠くないと言い聞かせますw
1時間半ほどで道の駅に到着。
三重から和歌山に入った瞬間に雨に降られてどうなるかと思いましたがそんな雨もすぐやんで青空が見えてきました。


大昔に来たことがあるらしいですが全く記憶にありませんw

この橋杭岩は以前から日の出を撮りたいと考えていたスポットです。
遠いからそこまでする気力がわかないのが実情です。


近くまで歩けるので行ってみました


魚眼レンズを通すとなかなか面白い

ちなみに近くにいたグループのうちの1人が「今日は天気が悪いからこの岩に沈む夕日が見れないね」と言いました。
バカボンじゃあるまいし東に日は沈まないのですが・・・w 

このまま帰ろうかと思いましたが潮岬も近いのでこれまたノリで移動w
すぐに到着しました。


久々に来ました


あれが最南端


芝生広場も魚眼で見るとやたら広いですなw

これで本当に帰路につきます。
山道に入った辺りで雨がかなり強くなってきてオートワイパーが全力で動きます。 
十津川を抜けるので再び災害が起きないか少し不安になります。


十津川に入ったら雨は小雨になったので道の駅で休憩

道の駅の足湯は真っ暗なのにお湯が出てました。
足湯はあまり興味ないのですぐに出発して潮岬から約4時間かけて地元に到着。 
ひたすらウロウロしてたような気がします。

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字