写真やら登山やらの趣味日記



今シーズン最後になりそうな桜めぐりをしてきました。

友人をピックアップして先ずは佛隆寺へ。
去年も来ていますが、千年桜と呼ばれる奈良県内最古の桜があります。
開花情報を見ると散り始めになっています。


少し散ってますがまだいい感じでした


この枝振りが歴史を感じます


大和の三指の石段に散る千年桜


佛隆寺


電線だらけなのが奈良らしい悲しさ

次は三多気に移動。
一応三重県です。

ここも散り始めになっています。
満開時期だと長蛇の列の駐車場もサクッと入れました。
しかし散ってほとんど花は残ってませんでした。


この桜が一番残ってた感じ


水田には沢山の花びら


椿は綺麗でした

予想以上に散っていたので諦めて移動開始。
次は少し戻って曽爾村の屏風岩に向かいます。
ただここの駐車場までの道は林道みたいな道なのに桜や野鳥目当ての車がかなりいます。
離合するのも大変なのに気にせず突っ込んできて立ちはだかる車。
少しバックするだけで広そうな場所が見えてるのに・・・
他にも助手席から確認してもらいながら溝ギリギリまで寄せたのにジムニーにもっと寄れと罵声を浴びせられたりとかなり気分悪い道になりました。
むかつきながらも屏風岩公苑に到着。

ここの桜は少し高度があるのでまだ五分咲き。


屏風岩と呼ばれる絶壁とのコラボ


風に揺られている花があったので衝動的に100Lマクロでスローシャッター


来週ぐらいが見頃かもしれません

ここは野鳥観察(今ならホトトギス?)の方々も結構いてバズーカみたいなレンズが沢山並んでました。
そんなバズーカコレクションの中にNEXにアダプターを2つほど噛ましている感じの方がいて少し気になったり。 

下りは対向車もほとんどなくてラッキーでした。
ここはバスの駐車場の方に駐めて少し徒歩で登った方が幸せかもしれません。

そしてちょっと寄り道。


曽爾高原の色が変だと思って行ってみたら山焼きしたんですね

そして帰宅。
今月は花だらけの月になってますw 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字