写真やら登山やらの趣味日記



星空を撮るときに活躍しているポラリエ。
普段は広角でしか撮影していないので基本的にオプションのポーラメーターで角度と向きを適当に調整するだけの簡単導入作業しかしてませんでした。
そんな手抜き作業なので長時間露光や望遠レンズだと星が流れてしまってポラリエの意味がありませんでした。

というわけでちゃんと導入しようとオプションの極軸望遠鏡を装備することにしました。
今までも欲しかったけど極軸望遠鏡の付け方に欠点があるのでスルーしてました。


背面の接眼レンズを覗いて北極星にあわせます

しかし・・・


 雲台ベースを取り外さないと使えないので非常に不便

極軸をあわせてから雲台ベースを取り付けてさらにカメラをセットするとう行為がめんどくさいのでためらってました。
そこで前から悩んでたテレスコ工作工房のオリジナルの雲台ベースPCB-EQ2の出番。 


中央に穴が空いた雲台ベースで極軸望遠鏡も使えるしカウンターウェイトも付けれるのでバランスもよくなります

もの凄く丁寧な作りで凄く使いやすそうです。
さらについでに・・・


ビクセンの微動雲台もゲットして微調整も簡単です

これでやっと星を撮りたいという理由で買った100Lマクロを投入できます。 
カメラの重量を考えるとGP2、SWAT、TP-2とかにステップアップしてもいいのかなと買ってから思ってみたりして。
Vixen ポータブル赤道儀 星空雲台ポラリエ(WT) ホワイト 355051
ビクセン (2011-11-30)
売り上げランキング: 6,406

コメントする

名前
URL
 
  絵文字