写真やら登山やらの趣味日記



グロさんと釈迦ヶ岳に年末の挨拶に行ってきました。
予想外に猛烈な寒波が来ていて登山口までの林道が心配ですが天気予報は昼ぐらいまでいい感じだったので決行。
5時半にグロさんに来てもらってレガシィで移動。

大塔の辺りで緩いカーブを描いている橋に突入するとスルスルっと車が流れます。
ブラックアイスバーンだったみたいで油断してたのでちょっと焦りつつも立て直してその後は警戒しつつ運転してましたがひどかったのは大塔の辺りだけのようでした。 
後は落石だらけの林道に突入してしばらく走ると雪道になったので逆に安心。 
予定よりなぜか前倒しで7時半に駐車場に到着。


わだちがあったので先行車がいると思っていたのに駐車場には車はなし

天気予報とは真逆のモノトーンの世界で風も強く登頂は難しそうなので行けるところまで行こうということにして7時50に出発。


夏は邪魔なだけの脚立も雪が積もると怖い存在

動物の足跡をトレースしながら稜線へ。


真っ白でした


この時期にこんな光景を見るとは思いませんでした


膝ぐらいまでのふかふかの新雪を堪能しながら進みます


予定通り約1時間で別の登山道と合流

ペース的には登頂する未来が見えてきました。
1箇所を除き幅の広い稜線なんで滑落や迷子になる心配がないので不安感なく新雪を堪能出来ますが左方向から風が吹いてくるので左耳だけ痛い。
そしてスノーシューを持ってこなかったことを少しずつ後悔し始めます。 


グロさんが歩いた瞬間音と共にひびが入った雪

膝上ぐらいまで新雪に埋まりだしたので雪の少なそうな場所を選んでグニャグニャなトレースを残します。
そして何とか古田ノ森手前の斜面に到着。


腰まで埋まって牛歩になりました

このペースじゃ登頂は無理です。
登頂を諦めるとすれば体力も時間も有り余っているのでもう少し頑張ってみることにしました。


このピークの上に古田ノ森があるはずなんでそこまでラッセル(PHOTO:グロ)


このピークが古田ノ森


10時過ぎにセーブポイントと考えてた古田ノ森に到着

コースとしては古田ノ森を過ぎると一度一気に下って山頂へのラストスパートになります。
腰まで埋まる状況で下ると帰りに登れるかわからないのでここで終了。 
少し休憩して引き返しました。
ここまで鹿を含めて誰とも会いませんでした。 

下山し始めて少しすると人影を発見。
初の登山者との遭遇にテンションがあがりますw
その方はシーズンインに向けてアイゼンの練習に来たそうですが、この雪の量は想定外だったようです。
この先のコース状況を伝えるとサクッと諦めて我々と一緒に下山することになりました。
歩きながら話を聞くと北アルプスに1週間ほどこもったり6時間ラッセル伝説を持っていたりする本気の方で登頂を諦めさせたのが申し訳なかった気分です。
その後も4人組、2人組、2人組とすれ違いましたが、一応この先のコース状況だけ伝えて別れました。 

下山し始めると天気が良くなる法則はここでも通用したようで大日岳が見え始めました。


相変わらず尖ってます

我々は倒木の根を風よけにしてお昼にすることにしました。


2m近い根の壁を使わせてもらいました

カップラーメンをすすって少し休憩してまた下山開始。


駐車場近くまで降りてくると天気はこの通り


12時過ぎに無事下山しました

サクッと片付けをして十津川温泉方面へ。
今回のお風呂は一番手前にある温泉地温泉の滝の湯にしました。 


硫黄成分をたっぷり吸い込んで気持ちよかった

そして16時過ぎに一時帰宅してから少しウロウロ。

今回はスノーシューがあれば・・・と思いながら撤収した竜ヶ岳と同じパターンでした。
まだ12月上旬だからスノーシューは不要と判断したのが悔やまれます。 
悔しさは残りますが、シーズンインに最高の雪遊びが出来たのでよかったです。 

141207_GPSログ

141207_バードビュー

 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字