写真やら登山やらの趣味日記



久々に関東に遊びに行ってきました。

8時前ののぞみで新横浜へ。
新幹線改札前でさっちゃんさんと合流して近くに路駐してるまえださんと合流。
今日は横須賀軍港めぐりがメインテーマなので横須賀方面へ移動。

途中でmdcでアウトレットセールが行われているということで立ち寄りました。
安い気がするけど、どこも長蛇の列で買う気が失せます。
その中でも酒屋さんは混んでもなく試飲が出来るので遠慮せず色んなワインを試飲。
安くても荷物になるから買いませんが。
でもチーズガーデンのウエハースボールというのがウエハースの中にブルーチーズが入っていて予想を裏切る食感で思わず衝動買い。
これはワインに非常に合いますね。

一通り買い物をしてから横須賀へ。
横須賀では「Y」ナンバーの存在と怖さを知りました。
昼食ははま蔵へ。


よく釣に来てる漁港のすぐ横らしいです


「迷ったら地魚丼!」と書かれてたので散々迷って地魚丼

やっぱり漁港近くはいいもの出しますね。
満腹になったので雨が降り出す中、ダイエーへ。
そこに車を放置して14時からの軍港めぐりの受付を済ませます。
事前予約をしてもらっていたので問題なかったけど受け付け完了直後に売り切れになってました。


中には海上自衛隊のピンバッジやカレーなど魅惑的な商品ばかり

そして雨も小雨になった14時に出航。


乗るのはもちろんデッキ

出てすぐに巨大な艦船が見えてきます。


現時点で自衛隊最大級の護衛艦ひゅうが


X型後蛇なので新しいと思われる潜水艦

凄い煙が出ていたので火事かと思って見てみると

エンジンフル回転で充電中らしいです


アメリカのイージス艦ラッセン


何か積み荷の準備をしているのが見えたのでズーム


TZ60の本気ズームで作業風景を盗撮


レアなはずのイージス艦ですがこれ全部イージス艦

そして今回この時期を狙った理由でもある大物が見えてきました。


遠目に見ても壁のように高い原子力空母ジョージ・ワシントン

一度航海に出ると半年は帰ってこないのでタイミングを合わさないと見れません。
しかも近々燃料棒の交換等の大規模メンテがあるのでひょっとしたら最後の帰港かもしれません。 


左側にプレハブが乗ってますが凄く可愛く見える巨大さ

そして船は速度を上げて沖合へ。


離れても空母の巨大さは目立つ

アメリカ軍側から自衛隊側に移動しました。


海図を作るための海洋観測船わかさとにちなん


職人がいてないので今世紀最後の木造船になると思われる掃海艇つしま


護衛艦ゆうぎり

港内に不気味な浮遊物がありました。


廃棄待ちの(たぶん)さちしお

一通り自衛隊の艦船を見て本港に戻ります。


明治時代に気合いの人力で切り開いた水道を通過


戻ってきたけど相変わらず空母はデカイ


護衛艦やまぎりと補給艦ときわ


さっき積み込み作業をしてた護衛艦むらさめ


正規空母を見ると自衛隊最大でも軽空母護衛艦は小さいですな


いつの間にか潜水艦が増えてました

そして約45分間のクルーズが終了。 
小雨レベルで雨に降られなくてほんと良かったです。 
ダイエー内で少し休んで外に出るとかなりの雨。
15時の軍港めぐりじゃなくてよかったです。

雨の中、横浜に戻って車を戻しに行ってる間に、新横浜のホテルにチェックイン。 
そこから地下鉄で桜木町へ。
昔はすごい歓楽街だった野毛へ。


 大阪で言う天満・京橋みたいな感じですかね


小規模なお店が建ち並ぶディープな都橋商店街


さっちゃんさんオススメのコッコ堂へ

立ち飲み屋なので2件目だったら辛いので助かりましたw
この野毛という地域はハシゴがあたりまえで店を出るときに「いってらっしゃい」 と見送られます。


 サッポロラガーと焼き鳥が最高でした


店員さんのママが手作りで作ったジャムが最高です

かなり満足したので次のお店へ。

たべもの横丁に移動

さっきは鳥だったので魚系かな?と言いながらウロウロしてたら気になる看板が。


その名もうだつw

名前にもひかれましたがもう1つ気になった物が。


とりあえず男山


店名以外に気になったのが本ししゃもも造りです

本州で流通してる偽ししゃもじゃないし造りというのが凄く気になりました。
味は脂がいい感じに乗っていて日本酒にピッタリ。
この店は北海道押しみたいでじゃがバターも正統派でした。


北海道では塩の代わりに塩辛を使います

フラッと入った割にはいいお店でした。
最後に餃子ということで三陽へ。
店長みたいな人が顔を見て断りもなく勝手に餃子×2と鳥のみそ炒めをオーダーw
いい意味で胡散臭いお店ですw


こんなメニューがあるぐらいw

でも味は文句なしによかったです。
そして12時前にホテルに戻って1日目は終了。
 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字