写真やら登山やらの趣味日記

年末の大掃除をしていたら引き出しの中に入れたままだったキヤノンのPowerShot S30を発見しました。
コンデジ持ってないからという理由で先日TZ60を買ったけど嘘になりましたw
初めてのデジカメで発売直後に買って確かバイト代1ヶ月分を総動員したので8万ぐらいしたような気がします。
最新のG7Xと同じような立ち位置で値段も同じようなものだと考えるとデジカメって実は安くなってないような気がしてきました。

そして今では考えられないけど星を撮りに行って1つでも星が写っていたら大喜びしてたりと原点となったカメラです。 
当時は128MBで運用しててそんな容量だとRAW撮りなんてしたら数枚しか撮れない時代だったけど、CF変換アダプタをはさんで今だと使い道のない2GBのSDを入れてみました。
使い道のない2GBでも確かこのカメラの最大容量だったと思います。

充電してコンデジ対決ということでTZ60と撮り比べ。
どちらもワイド端にしました。 


このデザインは今でも好きです


S30で撮影(換算35mm)


TZ60で撮影(換算24mm)

発色は好きな感じですが思ったよりノイズが多いのと開放値で撮ったので周辺減光が気になる。
S40と兄弟モデルでS40の4MピクセルのCCDをベースに3Mに落としたので1ピクセルのサイズが大きくとれノイズに強いというのが当時の売りだったはずですが今時のCMOSには勝てませんね。
まぁ、光学ズームも3倍でTZ60の30倍の1/10しかないしTZ60の方が広角レンズと日進月歩の世界で13年以上前の製品と比べるのはどうかと思いますが。

何かのタイミングで持ち出すのも面白いかもしれないけど、元からバッテリーの持ちが悪かったのに劣化してさらに持ちが悪くなってましたorz 
互換バッテリーないかな? 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字