写真やら登山やらの趣味日記



グロさんと霊仙山に行ってきました。
霊仙山と言えば広大な山頂部とそこに積もる雪ということでスノーシューで遊ぶには最適の場所です。 

5時半に茨木駅で合流して米原方面へ移動。
年明けの情報だと倒木で林道がふさがれているとのことでしたが、きっと解決しているだろうと期待して向かいますがナビから無情にも「10km以上先、倒木のため通行止めがあります」とのアナウンスが。 
国道が倒木で通行止めは考えにくいのでやはり林道でしょう。 

高速を降りて少し走って林道に入ると確かに倒木はありましたが、ワンボックスとかの背の高い車でもない限り下をくぐれます。
わだちが少し深くてリップで雪をガリガリいわせながら走るとわだちが終わってます。


これは普通の車高じゃ乗り越えれません

というわけで少し戻って少し広いところに駐車。


林道途中がスタート地点になりました

準備をして7時30分頃に出発。
相変わらずスノーシューはズッシリと重い。


しばらく歩くと倒木がありましたが雪の量を考えると車じゃたどり着けませんな

30分程林道を歩いて登山口に到着。


年末はここまで車で来れたようです

登山口からしばらくは工事車両用の道だと思いますが整備されてました。
トレースを見る限り前日っぽいので本日のトップバッターのようです。 

20分ほど登るとおなじみの売店に到着。


かなやの手動販売機です

まだ序盤ですが、先日買ったアウターパンツの問題点が露呈してきました。
冬のアルプスでも行けちゃうパンツですが、その分生地が硬くて足あげに負荷がかかるのとベルトがないのでずれ落ちてきますorz
サスペンダーの設置ポイントはあるので付けた方がいいかもしれません。 
そして10分ほどで汗拭峠に到着。


落合集落への道は現在通行止めになっています

その後も坦々と登っていきます。
気が付けば曇っていた空もどんどん明るくなってきて青空が見えてきました。


青空を拝めただけでもかなり満足

9時40分頃に5合目の見晴台に到着。
ここで少し休憩。
2年前にこのコースは下りで使っているはずですが全く記憶にありません。
この先急登があるようですが、それすら覚えてない状態です。


琵琶湖をはさんで比良山系が見えましたが雪は結構ありそうです

見晴台から少し歩くと急登が見えてきました。
急登に取り付くと膝まで埋まるようになり、以前ならここでゲームオーバーです。 
でも今日は違いますw


スノーシューを投入

まさか登りで使うことになるとは思っていませんでしたが、初めてまともに使います。
夏道を歩くのは面倒なので直登で上を目指します。


天気も最高でワクワクしながら登ります


ヒールリフターのおかげでそんなに負荷もなく登れます(PHOTO:グロ)


ヒールリフターがないのでふくらはぎがちぎれそうになりながら登るグロさん

そして広場に出ました。


猛烈な風が歓迎してくれました


この広大な山頂付近をスノーシューで歩きたかったんですよ


プードル等の毛の多い犬種に見えた

スノーシューで沈まない雪上を楽しみますが、2人ともバラバラに思い思いに歩くのでトレースがグネグネ。
雪庇を登り損ねたグロさんを動画で撮影。 

スノーシューでもこれだけ沈むって事はシューがないと歩けませんね


11時20分に霊仙神社の鳥居に到着

夏のコースタイムと今の歩く速度との差を考えると山頂は時間的に厳しい感じです。
行けたとしてもご飯食べてる暇がないので帰り道のガス欠も心配です。
ということで今回はスノーシューを満喫するというミッションはクリアしたということでここで引き返しました。
後続のパーティーにここまで来て山頂行かないのか?と聞かれましたが山頂だけが登山じゃありません。
あともう1点気になったのが雲。


白と黒のコントラストで美しいけどこの雲の色は怖い

ガーミンがあるので大丈夫だと思いますがこの山でホワイトアウトすると怖いというのも撤収理由です。 
テクテクと下りだして急登にさしかかりました。
ここでスノーシューとはお別れしてピッケルに装備変更。


強風の中の装備変更は寒かった・・・

そしてここでもパンツの問題点が露呈。
スノースカートが付いているので今回はスパッツなしで挑みました。
登りは問題なかったのですがつぼ足になると雪の抵抗で裾がどんどんまくり上がっていきます。
気が付けばスネまでまくり上がって靴下が丸見えだし靴紐もほどけてます。
元に戻してもつぼ足を始めるとすぐにまくり上がってなかなか大変な下りでした。
靴下に大量の雪が付いたけど幸いなことに寒さはなくて助かりましたが、下手したら凍傷の第一歩ですね。
スパッツが必須なのがよくわかりました。 

急登も終わって20人ぐらいに踏み固められた登山道は行きと違って快適そのものです。 


四つん這いの白くまに見えた

そして14時前に車に戻りました。
下山途中から体温で靴下の雪が溶けて靴の中がチャプチャプしてました。
ゴアテックスは水を浸透させないけど排出もしないのでなかなか不快でした。 

後片付けをすませてお昼を食べ損ねたので伊吹野そばを目指します。 


お昼過ぎても林道の雪は残ったまま


伊吹野そばといえばいつもおろし天ぷらそば

食後はグリーンパーク山東でサッパリ。
帰りの名神で意外な買い物報告に不意を突かれてビックリしながら茨木経由で帰宅。
今回はスノーシューでの登坂も含めてかなり堪能出来ました。
でもやはり背負うのは重いですね・・・

150111_GPSログ
 
150111_バードビュー

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字