写真やら登山やらの趣味日記



また2ヶ月ほどあきましたが稲村ヶ岳に登ってきました。
台風の影響で登山道の状況が心配ですがダメなら引き返せばいいと思い5時半に出発。

1時間ほどで洞川に到着していつもの母公堂に車を駐めるつもりが満車でした。
仕方ないので少し先に路駐して準備開始。
このタイミングで時計を忘れたことに気が付きましたが諦めてマイペースで登るだけです。


6時40分に住職に見送られながら出発

最近、下りで小指が靴の内部あたって痛いことが多いので今回は靴下を変えてみました。
すると登りですら痛くなりましたorz 


朝早いのでわりと涼しい


この杉林が洞川って感じがします

時計がないのでペース配分は体任せで歩いてたのでいつもなら1時間ちょうどで到着するはずの法力峠が妙に遠い気がします。


スマホの時計を見ると1時間ジャストで到着

ここから風が抜けるので夏場でも早い時間帯は気持ち良い道中です。


そろそろ崩れてもおかしくないと思うけど粘る旧トイレ


台風のせいで普段より水は多め

曖昧な記憶だと旧トイレからすぐにマンモスの木があったはずなのにないので倒れたのかな?と残念な気持ちになりながら進みます。
すると・・・


健在でした


苔も輝いてました

このあたりは緩い道のりなんでダラダラと歩いてたら標識が登場。


親切な山小屋主人からのメッセージ

 すぐに問題のポイントの到着。


2年ほど前に落石で破壊された橋


犯人はこれかな?

道は出来ててリスクなくクリアできるので問題はありませんね。
ロープは持てばのびるので怖い思いするけどw


少しペース遅いけど9時に山小屋に到着

山小屋前のベンチで少し休憩。
そういえば着てる上下の服って春・秋用だった気がする・・・

10分程休んで山頂を目指します。

なぜかいつも避けてしまう大日山


距離・難易度ともに高くないのになぜか曲がろうと思わない分岐


大日キレドは相変わらず切れ落ちてます


稲村ヶ岳の三角点にタッチ


10時前に展望台に到着

3時間のつもりが小指が痛くて30分程多くかかってしまいました。  
山頂は涼しいし何よりこの山で初めての快晴ということで痛みは吹っ飛びました。


山上ヶ岳のお花畑


弥山は小屋が見えました


大阪湾もかすかに見えました


冬に訪れた観音峰の展望台


二上山の向こうには大阪市内や六甲


大普賢岳


ノリウツギ

20分程山頂を堪能しましたがお腹が空いたので40分程かけて山小屋に戻ります。 
山小屋から山頂までのエリアは食事禁止なので絶景を見ながらの食事が出来ないのが残念です。


小屋周辺はトンボが多くて秋の気分


と思ったけど見上げたら新緑の夏


あたたかいお茶を頂きました

少し食料が足りませんでしたが11時に下山開始。


一瞬山上ヶ岳に行こうかと思ったけど足が痛いのでパス


この橋もいつまでここにとどまれるのか


アジサイはまだ結構咲いてました


マンモスの木はこの角度が一番強そうなことに帰りに気づいた

体力・筋力ともに余裕は感じられるのに小指が痛くて下りはどんどんペースが落ちていきます。
得意の大峰の下りなのに楽しめませんでした。
法力峠で少し長めの休憩を取ってラストスパート。


いつも帰りはこの0.2kmが2kmぐらい歩いてる気分になります

そして13時に車に戻りました。
サクッと片づけて温泉に向かうと洞川の村の中は人だらけ。
温泉の駐車場も満車で外で待っている状態。
川遊びや避暑にはいい場所だし仕方ないですな。
洞川温泉は諦めて天の川温泉へ行くとこっちも満車。
こっちも川遊びと温泉がセットなんで仕方ないと思いそのまま大塔まで走り抜けて夢乃湯へ。

予想通り人は少なく温泉を堪能出来ました。
小指は皮がめくれて猛烈に痛くて罰ゲームも含みますがorz

約2年ぶりの稲村ヶ岳は指が痛くてなかなか大変でした。
靴下を変えてダメなら次は賛否両論のインナーソールの交換ですな。
1回も使ってない純正に戻して様子を見ます。 

 150720_GPSログ

150720_バードビュー

コメントする

名前
URL
 
  絵文字