写真やら登山やらの趣味日記



大峰山系の行者還岳に行ってきました。
当初はこの土日で叔母谷の覗きにテントを担いでマッタリと紅葉を楽しむ予定でした。
天気予報がコロコロと変わり夕方に雨が降りそうだったので中止にしました。
結果論で言うと天気はもって実行出来た感じですが・・・ 
そんなわけで前から気になっていた行者還岳に目的を変更。

5時半過ぎに家を出て酷道で有名な309号線を走って弥山・八経の登山口駐車場を通過して7時頃に目的地に到着。


目的地は90番ポスト

準備をして7時過ぎにアタック開始。


この階段がスタート

今回のルートは稜線に出ると大峰奥駈道に合流しますがそれまでは登山道ではありません。
ただ踏み跡とテープで問題なく登れます。


階段があったりと比較的整備されてます

今回は加圧のタイツを投入しましたが先日怪我で打ち身になっている両膝が締められてかなり痛く脱ぐべきか否か悩みながらの登山です。
しかも最近の筋肉痛でペースが全く上がらない・・・ 
調子が良ければ大普賢岳まで行こうと思ってましたが一瞬でその野望は消え去りましたw

30分登って1つめの目的地に到着。


圧倒的な桧の巨木

この巨木を撮るためだけに珍しく10-18mmのレンズを持ってきました。
ザックを降ろしてグルグルと見物。




真下から見ると凄い迫力

珍しく撮影を楽しみました。


少し登ると大普賢岳・小普賢岳・日本岳のトリオがよく見えました

さらに少し登ると2つめの目的地に到着。


通称タイタン広場


林業で使われその後放置されていたマツダのタイタンに倒木が食い込んでます


どのぐらい放置されてるんでしょう?


場違いだったはずがいつの間にか自然と融合しつつある

タイタン広場でもゆっくりと撮影を楽しみました。


そして旧林道をしばし歩きます


紅葉は思ったほどしてなかった


むしろ夜露に濡れた苔の方が魅力的でした


色づきにもムラがあって色とりどりではあります

稜線に出る最後の急登で写真を撮っていると右ふくらはぎに妙な感触が。
あれ?って思った瞬間に筋が痛くなりましたorz
今日は動きの悪い足がさらに痛みで登りづらくなりましたがここで引き返すのは嫌なので強行。
1時間ちょっとで稜線に出ました。


修験者の通り道である大峰奥駈道に合流


弥山小屋までよく見えますがもっと紅葉を楽しめると思ってました


奥駆道っぽい道が続きます


一箇所だけ苔だらけのトラバース

何でこんな満身創痍で歩いてるのか疑問を感じつつ歩きますw


大台ヶ原へ続く稜線とドライブウェイも見えて気分爽快


大峰と大台の谷間


目の前に行者還岳が登場


麓には小屋


中は綺麗で広くて縦走する人たちがほめる理由がよくわかります

小屋のチェックを済ませてアスレチックゾーンへ。


登山道が崩壊してガレ場に


水場は枯れていた


このハシゴを登ると倒木に邪魔されそうだったので少し上に巻いてよじ登りました


2足歩行か4足歩行か悩まされる角度の階段

そしてまさかの3時間かけて山頂に到着


展望なしと言われる山頂


でも一箇所だけ最高のロケーションがあります


足下は断崖絶壁ですがw


弥山方面もクッキリ

ここから七曜岳まで行くとコースタイムで片道1時間。
ここまで撮影しまくりとは言えコースタイム約2時間を3時間かかっている足なので無理と判断して撤収。
そうなれば小屋に戻るのみです。

お腹空いたので小屋で靴も脱ぎ捨ててコンビの冷凍ピラフ。


フライパンでさっと作るだけ

たっぷり休憩して帰路につきます。
稜線なので下って登ってなのでペースは上げれませんがマッタリと行きます。


行きは気が付かなかったけどキノコだらけの木


秋っぽいけどもう少し赤成分が欲しい


赤が欲しいと思ったら少しだけ赤

30分程歩いて分岐に到着。


登山道ではないので分岐の案内はないけどここを左折


雲が少し出てきて色が落ち着きました

途中で崖下に猿が歩いていて一瞬クマかと思って焦ったりしつつ1時間で90番ポストへ。
下りは膝の怪我の箇所さえ我慢したら普通のペース。
ただ何カ所かテープも踏み跡も見つけれずに迷いかけました。


妙な疲労感を感じつつ到着

車に戻ってすぐにタイツを脱ぎ捨てて膝の痛みを開放。 
スッキリしたので車で少し移動。


64番ポストに到着


ナメゴ谷の絶景が見れるはずが色づきはやはりイマイチ


まだ早いのかな?

帰りは洞川方面に戻ると酷道で泣きを見そうなので大台方面に抜けました。


数え切れないほど前は通ってるのに杉の湯のお風呂は初めて

お風呂でサッパリした後は妙にハマる隣の道の駅のうどんと思ったら長蛇の列だったのでスルー。
次に大淀の道の駅でこれまたら妙にハマってる柿の葉寿司・うどんセットと思ったらこっちも人だらけでスルー。
渋々マクドを買って帰宅。

これほどペースが悪いとは思いませんでした。
打ち身に加圧はダメですね。
さっさと治してもう一度このコースを楽しみたいです。

151018_GPSログ
 
151018_バードビュー
 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字