写真やら登山やらの趣味日記



グロさん、さだP-さんと山の登りおさめに木曽駒ヶ岳に行ってきました。
本当は近場の山でもよかったのですが、関西エリアはどこも雪不足で雪を堪能出来ない状態になっています。
そこで夏に行って凄く良かったのと3000m級のわりに簡単に登れる駒ヶ岳に行きたくなり計画。 

4時にうちに来てもらうことになっていたので3時のアラームで一応起きますが、珍しくなかなか起き上がれなくてダラダラしているとメールが来て予想はしてたけど前倒しでこっちに到着しそうです。
基本的な準備は終わっているのでバタバタと最後の準備をしてギリギリセーフ。 

高速に乗ってすぐにGPSを忘れたことに気が付きました。
それと同時にデジカメも忘れたことに気が付きましたorz
なんかついてないと思いながら名阪国道を走ってたら天井から派手な音が・・・
飛び石を天井に被弾しましたorz
どうも朝から流れが悪いです。

ついてないながらも、ほぼ計画通りで7時に菅の台バスセンターの駐車場に到着。


今日登る千畳敷カールのモルゲンロートが非常に美しかった

駐車場は思ったより混んでなく、バスの始発が8時過ぎなのでしばし駐車場の猿を見てましたw
8時前にモソモソと準備をしますが、パンツの選択でかなり悩みました。
普段ならモンベルのレインパンツを外にはいてますが、予報では今日の山頂の気温は-10℃に風速20mの風。
寒かったら嫌なのでマムートの厚手のゴアテックスプロのハードシェルに決定。

グロさんのカメラを借りて車内にある予備のSDカードを入れて今日のカメラは確保出来ました。
ありがとうございます。


バス停は長蛇の列でした

8時5分の始発には乗れませんでしたが、臨時便に乗れて約30分でロープウェイのしらび平駅に到着。
ここでも少し待つだけで臨時便に乗れました。

そして7分程で一気に1000m標高を稼いで9時過ぎに千畳敷駅に到着。


駅から出るとすぐに南アルプスの両線とご対面


南アルプスの向こうに夏場より大きく感じる富士山も

駅の反対側のカールの方へ移動。 


にやけるしかない紺に近い青空と氷河が生み出したカールに積もる雪


下からずっと見えていた宝剣岳も大迫力

これを見るだけで帰っても悔いがないくらい見事な絶景ですが、登らないと登りおさめが出来ないので準備をします。
アイゼン、ピッケルを装備して9時45分にアタック開始。


人が多いので気分は伊吹山の9合目付近w

ここでトラブルが発生。
パンツが動きにくくて膝が上がらない&ずり落ちてきて腰パン状態になりました。
そういえば昨シーズン痛い目に遭ってたことを忘れてました。
脱ぎたいけど脱げなくてだましだまし登るしかないようです。
そして暑いのでフリースを着てましたが袖をまくり上げてました。


稜線に出る直前の八丁坂は直登なんで結構な斜度


宝剣岳山頂には人が立ってました


約1時間かけて稜線の乗越浄土に到着


中岳への稜線

予想してましたが稜線はとにかく風が強い。
でもノースフェイスのバラクラバを被って完全防備体制にしたら寒さは問題なし。
雪が締まっているのでアイゼンの感触がもの凄く気持ち良い。


もはやエビのシッポではありません


この時期の宝剣岳は直登のようですが見てるだけで怖い


伊那前岳そして南アルプスと富士山


中岳山頂


中岳を越えると御嶽山がドーンと見えますが雪が少ない


目の前にはほぼ同じ高さの木曽駒ヶ岳


夏場にテントを張った頂上山荘も冬期閉鎖中

ここまで顔を丸出しだったグロさんですが、-8℃と強風という環境で凍傷になったら怖いのでタオルを巻いてもらいました。


平地なら不審者ですね


そして最後の登り

12時に山頂に到着しました。


北アルプスもクリアでラッキーなことに槍ヶ岳も見えて最高の気持ちです


レンジャーみたいな写真を撮ってもらいましたw

 
4kでのパノラマ動画も

心残りですが、風が兎に角強いので5分程で山頂を後にしました。
お腹が空いたので頂上山荘の脇で風をしのぎながら軽く食事をして下山開始。


風が強いので複雑な形の雪になっています


中岳への登り返し


千畳敷カールを上から眺める


富士山はずっと見えていました

乗越浄土まで戻ってくると風は収まるので少し装備を軽くしてカールを下ります。
なぜかこのあたりで安心したのか酸欠気味に。


ある程度降りてからシリセードのつもりが雪が柔らかくて思ったよりのびず


冬道の最後の登りが地味にしんどい

13時半に無事千畳敷駅に到着して慌てて後片付け。
冬場は毎時55分発の1時間に1本しかないロープウェイにギリギリ間に合いました。
と思ったら我々の前の人でちょうど定員となりまさかの終了。
1時間待ちかと思ったら増発しているようで20分待ちとのこと。 


駅構内は-5℃

20分後のロープウェイで降りて待たずに臨時バスで駐車場に戻りました。
後片付けをしてゲートが開かないトラブルなどありつつ、こぶしの湯へ。 
出来ればガロのソースカツ丼を食べたかったのですが、休みだったのでこぶしの湯で一緒に済ませました。


駒ヶ根と言えばソースカツ丼


南アルプスのアーベントロートが見えて贅沢な光景でした

帰りは渋滞や飛び石もなく20時半に帰宅。 
GPS、カメラを忘れたり足取りが重くてご迷惑をおかけしました。

GPSはガーミンとは別にGPSを持ち歩いているので精度が悪いブレブレのログはとれています。
GPSログ

バードビュー

コメントする

名前
URL
 
  絵文字