写真やら登山やらの趣味日記



待望の寒波到来ということで、さだP-さんとスノーシューを楽しみに明神岳に登ってきました。
先週の高見山のほぼ隣の山ですね。

昼から天気が下り坂なので早めに出発ということで5時に出発。
先週と9割同じ道を走って途中で電気のつかないトイレに立ち寄ったしつつ東吉野へ。
ここは最後の林道の積雪が気になります。
雪は少しあったけど去年のような路面状況ではなく問題なく6時過ぎに駐車場に到着。

まだ夜が明けていないので少しマッタリしてから準備して6時50分に出発。
駐車場から積雪&凍結しているのでアイゼンを付けるか迷うところですがとりあえず装着しないで出発。


15分程で登山口に到着


空はまだ青空が見えています


去年は修復されて綺麗になっていた区間がまたグチャグチャになっていました

林道とは別れて登山道に入りますがアイゼンが欲しいような欲しくないような状況が続きます。
そして沢渡が登場。
これがあるので軽アイゼンは付けにくい。


雪の付き方が中途半端でした

トレースがありましたがどうやら今日のトレースじゃないみたいで我々がトップでした。


すぐに2つめも登場


先週と違って冬景色を楽しめます


明神の滝も結構凍っていました


気が付けば木々も真っ白


立ち止まると静かな雰囲気は楽しいです

明神平を目前に子供に抜かれました。
グレートトラバースにハマっている未来の田中陽希でした。

明神平に出る直前に開ける場所がお気に入りで、今回も遠くまで見渡せたので満足です。


吉野の向こうに金剛・葛城山


柔らかそうな新雪が輝いてます

9時過ぎに明神平に到着。
東屋が雪に埋もれていなかったのでそこで軽食タイム。


あしび山荘のデコレーションは物足りない


青空はないけど水墨画みたいな景色

9時半にスノーシューを付けて楽しいハイキング開始。


足は疲れるけどめちゃくちゃ楽しい


少し登って振り返ると水無山をバックにあしび山荘


まだプチレベルですがモンスター


三ツ塚の分岐からは尾根歩き


ここからはトレースなし


稜線沿いは落ちたら嫌なので少し下を歩きます

10時20分に山頂に到着。


展望もよくない明神岳山頂にタッチして引き返します


少し戻ると木々の隙間から大峰の山々が見えます

帰りは三ツ塚の分岐はスルーして手間をトラバース。
幅が大きいシューなのでトラバースは結構辛いです。

そのまま前山ゲレンデの方へ。


足跡やスキーの後が少しありますが真っ白な光景


1本だけオーラが出てました

11時過ぎに明神平に戻ってここでスノーシューとはお別れ。
今から登っていく人たちにスノーシュー楽しそうやねって言われるのが妙に嬉しかったりします。
そりゃ楽しいですよ。 
ここからは念のためにアイゼンに切り替え。


真っ白なトンネルを抜けて下界に戻ります

アイゼンでガリガリと岩を踏みつけたりしながら下山。


行きは見落としてましたが氷柱のベールもありました

テント泊装備の方々と結構すれ違いましたが雪山テントをするならいい場所ですね。
沢にハマることはなかったけどハシゴにザックを引っかけて身動きがとれなくなったりしつつ12時半に駐車場に戻りました。


人気のある山なので車も多数

近くのやはた温泉でサッパリ。


隣のビジターセンターで食事

明神平は県内で一番雪質がいいと言われてるだけあって非常に楽しかったです。
ここでスキーをするために板を改造したという方と少し話しをしましたが納得出来ます。 
またげないしくぐるのに苦労する倒木が2本あったことだけは残念ですw

GPSログ
 
バードビュー
 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字