写真やら登山やらの趣味日記



久しぶりに釈迦ヶ岳に登ってきました。
年に2回は登っている山なのに珍しく間が空いて去年の12月以来になります。
やっと晴れてくれたので今日は新しい靴のスポルティバのトランゴアルプの慣らしとついでに紅葉も楽しめたらと思います。

5時半過ぎに出発して慣れた道を走り7時半には旭登山口に到着・・・
既に登山口周辺はまさかの満車で100m程下の路肩に駐めました。
この時間でこの台数は初めてかもしれません。


ピカピカの靴で8時前に出発

3週間ほど自転車にも乗らずダラダラしてたので足が重いです。 


20分程で稜線に出ました


まだ紅葉は早かったかも


色づいている葉は焼けて汚い


でも相変わらず気持ちのいい稜線歩きです


雲海は野迫川の方かな?


1時間ちょっとで古田ノ森の到着

このあたりで地下足袋の女性の方にぶち抜かれました。
テンポよく歩かれて全くついて行けませんでした。


 お気に入りのスポットからの眺めですが色づきはイマイチ


釈迦ヶ岳本体に取り付くと少し色づいてきました

久々の眺めを堪能していたのもありますが、2時間は切れなくて2時間10分で山頂に到着。


久しぶりのお釈迦様です


八経・弥山方面も紅葉はもう少しって感じ

軽食を食べながら30分程山頂でマッタリしました。
寒くもなく暑くもない最高の天気でした。

10時半に下山開始。
途中で靴紐を調整したりしつつ12時過ぎに下山。


相変わらずの台数でした

後片付けをして時間的に余裕があるのでお風呂は十津川温泉に決定。


この林道の落石はスケールが大きく幅が2m程ありました


お風呂でマッタリとしたいのでホテル昴にしました


帰りは風庵に寄り道

夏頃にテレビで取り上げられてから人がかなり増えたそうです。
でも今日は15時過ぎなので待つこともなく入店。


最高のざるそばです

シェイクダウンしたトランゴアルプは良くも悪くもスカルパのトリオレより柔らかいですね。
履き心地はいいけどトリオレの剛性感を前提に歩くと少し違和感がありました。
でもこの山だとまだわかりませんがつま先が痛くないのが最高です。
これはトリオレに罪はなくサイズをミスったのが原因ですが、下山が苦痛ではなくなりました。 

GPSログ
 
バードビュー
 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字