写真やら登山やらの趣味日記

SIDAS OUTDOOR 3D

登山靴のインソールにSIDAS(シダス)のOUTDOOR 3Dを買ってみました。
ずっとSuperfeetのグリーンを愛用していましたがここ数年はトリオレ純正の紙みたいなインソールに戻してました。
好日山荘で靴のことで相談してるときに、「この足だとSuperfeetのブルーがいいね」と言われました。
右足は理想的なアーチなのに左足は扁平足という珍しい足らしいのでグリーンじゃきつすぎるそうです。

新しい靴が来たのでブルーを使おうとしたらサイズが短くてスカスカになるので先日はグリーンを使っていましたが、左の土踏まずが少しあたるのでたまには違う物をと思いSIDASにしてみました。 
Superfeetと発想が違うのでどんな感じなのか楽しみです。

そして気が付けばインソールだらけになってました。 
インソール色々
とりあえず並べてみました

手前から
  • montrailのエンデュロソール
  • Superfeetのグリーン
  • Superfeetのブルー
  • SIDASのOUTDOOR 3D
それぞれの感想です。

montrailのエンデュロソール

加熱して足を置くことで熱成形でフィットします。
厚みもあるので履き心地は最高ですが、その厚みのせいで靴を選ぶのが難点です。
トリオレに入れて蝶ヶ岳を登りましたが分厚くて足の指の上が干渉して痛いのででスキー用に転向予定。

Superfeetのグリーン

強力なアーチサポートが売りで疲れにくい気がします。
ただ硬いのと久々に使うと左足の土踏まずにあたるのでしばらく放置決定。

Superfeetのブルー

スキー靴で使っていたので正直よくわかりません。
自転車用に転向予定。

SIDASのOUTDOOR 3D

Superfeetのような土踏まずをガッツリ持ち上げているという感覚はなく自然な感じです。
靴下との相性もあると思いますがSuperfeetは滑ります。
それに比べてSIDASは適度にグリップがあり靴との一体感は上がります。
特にかかとのクッションは柔らかすぎるわけでもなく適度に弾力性があるので舗装路の歩きが快適になりました。
※登山道では大きな違いは感じられませんでした
靴の買い替えと同時交換なのでこのソールの効果かはわかりませんが足の疲労が以前と比べものにならないぐらい低減して次買うとしてもSIDASかな?という気持ちです。

インロール横
横から見るとエンデュロソールが2mm程分厚いけどそれ以上の厚みを感じます

インソール裏
裏もそれぞれの造りが異なっていて面白い 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字