写真やら登山やらの趣味日記

DSC05896

さだP-さんと冬山シーズンインの準備運動と年末のご挨拶も兼ねて釈迦ヶ岳に登ってきました。
クリスマスイブにおっさん2人でお釈迦様にお参りですw

6時にうちに来てもらうスケジュールだったので5時に目覚ましをセットして就寝。
気持ちよく寝てたら着信があり睡眠を邪魔された!と思いつつ時計を見ると6時・・・
目覚ましがなった記憶がありませんorz
前日に準備は終わっているので慌てて着替えて出発。

自宅周辺では星が見えていたのに南下すればするほど雲が増えていきます。
林道旭線に入るとしばらくは路面に雪はありませんでしたが、終盤になると少し積雪していました。
ちょうどスタッドレスのグリップも問題ないことを確認できてよかったです。

下の登山口手前で1台準備をしていましたが上の登山口には我々が1番乗り。

DSC05851
8時半に真っ白な駐車場に到着(トレイは冬期閉鎖中)

準備をしますがストックが固着して伸びません・・・
ストックなしでも問題ないので車内に放置決定。
8時40分にアタック開始。

DSC05852
釈迦ヶ岳は雲の中

DSC05856
20分で稜線に出ましたが雪は思ってたより少ないし天気もどんより

DSC05860
霧氷はたっぷりあります

DSC05861
逆光で撮ると葉っぱが生えているように見えた

DSC05864
登山口から30分でもう1つの登山口と合流

この先もトレースがないので下の登山口で準備していた方より先にここまで到着したようです。
そしてこのあたりから量は少ないけどパウダースノーでニヤニヤしながら歩けます。

DSC05865
少し明るくなり大日岳が見えました

DSC05866
何回も見ているはずなのに新鮮に感じた木

DSC05867
稜線の向こうに黄金色に輝く熊野灘

DSC05869
左側に釈迦ヶ岳があるのに見えない・・・

DSC05872
日が出るとパウダースノーが輝く

DSC05879
時折青空も出るようになった

DSC05881
1時間ちょっとで古田の森に到着したけどスルー

キャンプ場周辺で、必要性は感じないけどアイゼンを装着。

DSC05889
初めてのセミワンタッチアイゼン

今まで使っていた10本爪より爪は多いし長いのでハイグリップでビックリ。
そして着ける楽さにもビックリしました。
雪の量が少なく露出している木の根や石を避けたりハイグリップに疲れたりしたのでペースが一気に落ちました。
慣れないので歩いているときに1箇所スパッツに穴を開けてしまうし・・・
アイゼンは着けない方が圧倒的に速かった。

DSC05894
11時5分に山頂に到着

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

THETA SCで撮影(グルグル動きます)

DSC05897
エビのシッポも大盛り

山頂はガスで真っ白で展望もないのでアイゼンだけ外してすぐに下山開始。
10m程下山したら急に晴れてきたので慌てて引き返しました。

DSC05898
少しだけ青空

DSC05899
よく見ると凄い顔になっている

11時20分に今度こそ下山開始。
少し下って去年と同様に千丈平で昼食タイム。
お湯を沸かすのが面倒なのでおにぎりだけにしました。

DSC05910
古田の森まで戻ると青空が目立つように

DSC05915
今まで認識したことなかったけど秋に登った地蔵岳

雪が溶け始めてドロドロの登山道を歩いて13時15分に無事下山。
下山途中に何組かすれ違いましたが大半が宿泊組でした。
明日は晴れ予報なので絶景を堪能出来ると思います。

下山後は先ずは腹ごしらえ。

2016-12-24 14.27.43
安定の風庵

2016-12-24 14.18.47
いつもざるそばなので今回は温かいそば

風庵のそばに癒された後は夢乃湯でサッパリして帰宅。

今回は色々と投入しましたが満足の結果です。
・靴(トランゴ アルプ
 雪山では初投入ですがトリオレよりグリップしてる気がします
・アイゼン(バサック
  装着も早いし鬼グリップ
 でも慣れないからスパッツに穴w
・フリース(ドラウトレイジャケット
 汗の吸収と蒸発がめちゃくちゃ早くて汗かきとしては最高
 行動着として十分でした
・ザック(トリオンプロ
 アルパイン系でザックがぶれないのでかなり楽
 下が少し絞られているので脚立の下りとかも引っかからない

GPSログ

バードビュー



こんな記事も書いてます

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
登山、カメラ、スキーにはまっている子供みたいな大人です。