写真やら登山やらの趣味日記



さだP-さんと去年アタックすらせずに立ち去った武奈ヶ岳に行ってきました。

4時半に家を出て途中でさだP-さんをピックアップして順調に滋賀県内へ。
湖西道路横の木々が白くて、昨夜降った感じなのでこれは雪が期待できます。

比良ICを降りるとすぐに路駐の車がいっぱい。
なぜ?と思ったらすぐに道は雪道に変わりラジアルじゃ無理だと理解しました。
路駐している車を横目にもりもり進んで行きますが途中で底を擦りまくって亀になりそうになったので挫折。
1台分駐車スペースが空いてたのでそこに入れようとしますがほぼ凍りの雪に阻まれてまともにバックできない。
そこで車に積みっぱなしのスコップを初投入。 
さだP-さん除雪ありがとうございます。
その間に後続車が来たのでこれ以上は無理とアナウンスして交通整理。
その時に黒い物体を発見。

雪に引っかけてタイヤストレーキが外れた
バックの時に雪に負けて落ちたと思われる左フロントのタイヤストレーキーを拾いましたorz

除雪+圧雪が終わって車庫入れが無事完了。
いきなり想定外の運動です。


スコップが大活躍

やっと準備開始。
その間にランクルが溝に落ちたり比良IC周辺の車は全部駐禁を切られてたといった情報を得たりしてました。
6時半には到着してたのに準備ができたのは7時過ぎ。
7時10分にアタック開始。


予定よりかなり手前から出発

今回はトレース任せのお気軽ハイキングのつもりです。


30分程で大山口の到着

トレースがしっかりとできていてアイゼンなしでも問題なく進めます。



そして8時40分に去年から気になっていた青ガレに到着。
は大きな岩がゴロゴロしてました。 


岩は隠れて真っ白な急斜面になってました

足が長くないからこの段差がついら
トレースの階段の段差が激しくて足が短いのか気になります(Photo:さだP-)

何カ所か底が見えない踏み抜き後があって少しビビりながら登ります。


場所によっては両手で

他の登山者からの疑問もありましたがこのあたりで何で道具持っているのに使わないのか自問自答ですw
ペースが上がらないし我慢する意味がないのでストックを投入。
もう少し早めに投入して突っ込みを受けた登山者についていけばよかったと後々後悔します。


もう少しで金糞峠


大山口から1時間半かかって金糞峠に到着


琵琶湖は見えず

少し下って雰囲気が凄くいいエリアに到着。


落ちたら冷たそうな橋


最短ルートの分岐

最短ルートは尾根道なので雪の量が読めません。
スノーシューは持ってきていないので踏み固められていると思われる中峠方面を選択。 
気持ちのいい谷を歩きますがこのあたりから踏み抜きがボチボチ発生。
しばらく歩くとトレースが2つに別れていました。
1つは夏道と思われるテープ側でもう1つは沢沿いの直登ルート。
直登ルートの方がトレースがきれいに見えたのでこちらにしました。


踏み跡をトレースしてるのに股まで埋まる踏み抜きを連発

埋まりまくって全くペースが上がりません。
スノーシューさえあれば・・・と何度も思います。
さだP-さんですら埋まるって先行者はどんな歩き方をしてるのか興味があります。 
しばらく進むと後ろから後続が来たので先頭交代してもらおうとしたら・・・
トレースが終わってました。
トレースの主は引き返したようです。
雪深いし稜線に出た方がいいような気がしたので一か八か登ってみました。
後続パーティーは少し上の方で登り始めました。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

思ったより斜度がきつい


完全に進めなくなった

今から仮に稜線に出ても山頂までは時間的に厳しいし夏道に戻っても同様に厳しいのでここで諦めました。 
後続が5人ほど上がってきましたが状況を説明すると大半の方が同様に撤収を決定。
11時20分に下山開始。 

途中で踏み抜いたら足の下が空洞だったり、穴底から川の流れが聞こえたりと冷静になるとなかなかスリリングな場所を歩いていたようです。 


左の夏道が正解だったのに右のきれいなトレースに魅力を感じたのが敗因


木の橋も雪が乗りすぎて橋かどうかわからない

ある程度戻ったところで昼食。
昼食後は青ガレに備えてアイゼンを装着。


久々の12本

鬼グリップを堪能しながら金糞峠に到着。

雲の隙間から琵琶湖


少し下るとさらに琵琶湖がよく見えました 

12本爪のグリップに疲れたし緩みを感じたのでここで軽アイゼンにチェンジ。
軽アイゼンの適度なグリップを堪能しながら青ガレも通過して14時に駐車場に戻りました。

朝レガシィは通過できなかった先に3台車が停まってましたがネタのように3世代のフォレスターがそろってました。
やっぱり冬場は車高ですね。

後片付けを済ませて比良とぴあでサッパリして小腹を空かせながら戻りました。


藤井寺のずんどう屋に立ち寄ってお腹も満足

さだP-さんを送り届けてからまだ時間が早かったのでスバルへ。
破損したピンを買ってすぐに取り付け。

ピント買って再装着
両サイドのピンだけ破損してたけど全部交換

今回は判断ミスだらけでした。
でもピークハントはできなかったけど雪山としては十分楽しめました。
次こそリベンジ。

GPSログ
 
バードビュー

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字