写真やら登山やらの趣味日記



残雪と春を感じるために明神平に登ってきました。
トレーニングと練習も兼ねてテント泊です。

・1日目(3/18)

7時ぐらいに出発して買い物等を済ませて9時から登る予定でした。
しかし朝からボーッとしていて家を出たのが8時過ぎ。
イオンで買い出しを済ませて少し進んだところで三脚の雲台がクイックシューだったことを思い出して雲台を取りに引き返しました。
そんな感じで駐車場に着いたのが10時半過ぎ・・・

桧塚奥峰まで行くつもりでしたが、13時までに明神平に到着出来ない場合はそこでストップするプランに変更。
明神平は春先に泊まるつもりでしたし。


ザックは20kgぐらい

10時50分に登山開始。
今まで一番遅いスタートかもしれません。
歩き始めてすぐにザックの重量感を感じさせられます。
パッキングで手を抜いて上部に水2L、750ml、350缶×2本を配置してしまったので頭がめっちゃ重い。
重心が首の後ろにある感じでしたが頑張ることにしました。


水が豊富なんで展望がなくても気持ちいい登山道


スタートしてすぐに残雪があり今年は雪が豊富なことを実感


普通の雪道になりました


沢渡りは雪が少ないので楽なはずが背中が重い


2つめは楽勝


まさか氷柱を見るとは想定外

ザックの重さが響きますが相変わらずアイゼンも付けずに坦々と登っていきます。
冬場とほぼ同じペースだったみたいで、1時間半で明神の滝に到着。
ここでザックを降ろして少し休憩。
重量物がないので足がめっちゃ軽いw
しかし冬ペースだと明神平到着は13時を過ぎちゃいますね。


こんな時期でもまさかの明神の滝の氷瀑


春山であることを忘れてしまいそうな景色

その後も淡々と登っていきます。
筋力、体力共に全く問題ない感じで少し安心しました。
13時半に明神平に到着。
最後まで完全に冬ペースでした。


あしび山荘


普通に雪があってビックリ

今年は雪が多いとは言え奈良県の3月中旬の量じゃない気がします。
当初の計画通りここでストップ。
風が吹くとすれば西側からだと思うので天理大学の小屋の裏側に設営することにしました。


スノーシューがあれば楽そうな整地作業

MSRのブリザードスティックがよく効きますね。
ただ2本しか持ってないので後は太めの枝を埋めたり大きめの石を使って張り綱を張りました。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

設営地は木々に囲まれた場所


時間はたっぷりあるのでコーヒーでひと息


お酒は天然の冷蔵庫へw

お暇なので少しお散歩。
散々来ている場所なので新鮮さはありませんが。


雨戸が開いてたので誰かいてるのかと思ったら鍵が壊れたようです


じゃがりことほろよいの組み合わせでも凄く贅沢な気持ち

おやつの後は適当にゴロゴロしてました。
17時ぐらいから早めの夕食。
今日は胡麻豆乳鍋にします。
カットした野菜と鶏肉を入れるだけの簡単料理です。
鍋を煮込んでいる間は缶詰で2本目の酎ハイ。


砂肝をアルコールバーナーでゆっくりと暖めながらチビチビと楽しみます


豆乳鍋も完成


シメは棒ラーメン(賞味期限切れ)の麺を投入

満腹になったので夕日を見るためにお散歩。


雲が多くて夕焼けは堪能出来ず


でも雰囲気は悪くない


テントの上にはこんな木があり落ちてこないことを祈る

18時にいったんシュラフに入ってウトウト。
20時ぐらいに外を見ると雲一つない快晴になってたので思わず飛び出しました。


思ったより北側の光害がきつい


前山方面(お隣のテント2張りを入れてみました)
Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

THETA SCも試したら想像以上によく撮れてビックリ

1時間ほど遊び回ってテントに戻りましたがフリース+ダウン装備で寒さは全く感じませんでした。
少し寝て1時過ぎに寒さで目が覚めたので外を徘徊w
月が出ているので別の景色を楽しみます。


月明かりの我が家(多重合成)


月明かりの雪もいい感じ


わざとらしく撮ってみた

30分程遊んでテントに戻りましたが寒くて寝付けない・・・
テント内は-4度ぐらいでダウンハンガー800 #3では守備範囲外です。
通称象の足を履いてウォームアップシーツも投入しても足下と鼻が寒い。
足下はレインウエアにシュラフを突っ込んで寒さは問題なくなりましたが鼻だけはどうしようもないorz
シュラフのストレッチ特性を生かして布団の中で丸まるような感じで頭を突っ込んだら寒さとはおさらばできました。

2日目に続く

GPSログ

バードビュー

コメントする

名前
URL
 
  絵文字