写真やら登山やらの趣味日記

fitbit charge2

1年半ほど愛用していたfitbitの初代chargeが壊れました。
半年ほどでベルトが浮いてくるのは持病のようで過去にも浮いたことはありますが、今回はそこからさらに1歩踏み込んで外れました。
何もしてないのに壊れたというのがピッタリの商品です。

ベルトが外れた
接着はせずに溝に挟み込んでベルトと本体を結合しているようです

初代chargeですがなかなか思い出深い商品でした。
・買って2ヶ月で心拍計が故障して新品交換
・交換後2ヶ月で充電ができなくなる
 (メーカーからは再起動するように言われるが充電モードじゃないと再起動できない仕様なんで無茶ぶりでした)
・交換後7ヶ月で充電できなくなり再び交換
 (黒の在庫がなくてブルーに変更)
というわけで購入後1年以内に4回新品を開封することになり、勝手に処分してと言われる壊れた本体と充電ケーブルがそのたびに増えていきました。
すぐに新品を送ってくれるサポートの速さはいいのですがもう少し品質にもこだわって欲しいところです。

最後にブルーに交換してから9ヶ月も使ったところでポロリとなりました。
充電ができない等の電気的な不具合はなく絶好調だったのに残念です。
活動量計は別に活動量を気にしているわけではないので不要と言えば不要ですが、何となく生活の一部になっています。
水泳にも使えるgarminに乗り換えてもよかったのですが、garminは自転車と登山だけという謎のこだわりで壊れて数分後には後継モデルのcharge2をポチッとして翌日には到着。

開封
箱が今時になっていてビックリ


充電ケーブルがクリップ式に
充電ケーブルは前回のように差し込むのではなく本体を挟み込むので安定感があります

旧モデルと比較
比べてみるとそんなに感じませんが高級感は出ました

今回はベルトを交換できるのでポロッとする心配はなくなりました。
さて何ヶ月使えるのかな。


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字