写真やら登山やらの趣味日記

DSC00909

・白馬岳登山2日目

1日目はこちら

朝の散歩


4時に起床。
昨夜は途中で星を見たりして中断はしていますが19時に寝たのでかなりスッキリです。

DSC00805
テント内は15度前後で下界と比べると非常に寝やすい環境でした

今日は白馬岳まで登りますが、まずは朝の散歩でウロウロします。
時間に縛られない行程はいいですね。

DSC00808
日の出前の雪渓

周りがだんだん明るくなってきて太陽が出てきたことはわかりますが、稜線の向こうなのでご来光は見れず。

DSC00831
輝く雪渓

DSC00834
シルエット

小蓮華山を目指す


テントに戻ってカルボナーラを食べて準備します。
アタックザックで十分ですが、α7の置き場所がないのでドイターのザックに水、補給食と念のため雨具を入れてスカスカの状態で向かうことにしました。

6時前に白馬大池から出発。
空っぽのザックなのに妙に重さを感じるのはザック自体が重いから?

DSC00847
大池が輝いている

DSC00852
雷鳥坂から見る小蓮華山

DSC00855
長野方面は雲海が広がる

DSC00856
コマクサ

DSC00859
少し登ると凄くいい感じでご来光はここで見ればよかった

雷鳥坂を登り稜線に出ると風が強め。
でもそれが逆に心地いい。
白馬大池周辺は携帯がつながらないので稜線に出ると昨日の昼から溜まっているメール等が一気に押し寄せてきます。

DSC00866
鹿島槍方面

DSC00867
真ん中の出っ張りは浅間山?

DSC00872
40分程で船越ノ頭

最初のピークで見渡せます。

DSC00873
最高の雲海にしばし見とれてました

DSC00874
これから歩くトレイル

DSC00875
鹿島槍と白馬鑓ヶ岳

当初通過するつもりでしたが絶景を堪能しました。
このピークを過ぎると少し下ってまた登りでプチトラブル。
左のストックを軽く地面についた瞬間Zポールの中間接続部が折れました。
修復不可能なのでザックにくくりつけて進みますが明日の下りが心配になります。

DSC00880
やっと白馬岳が登場

DSC00881
白馬大雪渓を登っている登山者の列が見えた

DSC00883
鹿島槍と槍ヶ岳

DSC00884
八ヶ岳の向こうに富士山

DSC00885
お花畑も点在してて癒されます

DSC00887
船越ノ頭から約1時間で小蓮華山(これんげさん)

新潟県最高峰になるらしいですが、新潟県に足を踏み入れていたとは想像すらしてませんでした。

DSC00888
鉄剣

10年ほど前に山頂が崩落して3mほど低くなった山です。
白馬岳側から来る登山者と鉢合わせになるタイミングで人が多く落ち着かない山頂でした。

DSC00889
見てるだけでワクワクするトレイル

DSC00890
日本海方面

絶景を楽しみながら白馬岳を目指す


小蓮華山で写真を撮った分、休めたので先に進みます。

DSC00892
雪が池に変化している課程

DSC00894
40分ほど歩くと三国境

その名の通り長野、富山、新潟の三県境です。

DSC00895
ルートも3本交わる

DSC00896
白馬岳までもう少し

エネルギー補給と日焼け止めを増し塗りしました。

DSC00897
まだまだ雪はたっぷり

DSC00901
危険な箇所はないけど岩場も登場

DSC00904
定期的にお花畑

DSC00905
山頂まで後少し

小蓮華山から約2時間で到着しました。
気持ち良い稜線歩きで非常に楽しかった。

DSC00907
山頂に到着

DSC00906
剱岳

DSC00910
縦走路はまだまだ続く

DSC00911
槍ヶ岳と剱岳

天空のレストランで至福の一時


お腹が空いたので10分程下った所にある白馬山荘を目指します。

DSC00913
日本最大の収容人数を誇る山荘

収容人数が最大であるこの山荘でも今日はかなり窮屈な寝床のようです。
テント場も溢れかえっているのでこちらに泊まらなくて正解でした。

ご飯はスカイプラザ白馬という別館があります。

2018-07-15 10.03.17
窓際の席は最高

昼食は11時半からということで1時間半も待ってられない。

2018-07-15 10.07.55
軽食メニューからおでんを選択

おでんを食べていると周りの席が気になります・・・
ということで流れに乗って。

DSC00915
ケーキとついでにオレンジジュース

DSC00916
甘くて酸味もあって最高

DSC00917
オレンジジュースもいいね

居心地がよすぎて動くのが嫌になりそうでした。

復路スタート


長居すると帰りたくなくなるのでバッチだけ買って戻ることにしました。

DSC00918
稜線の小屋はいい

DSC00922
県境をまたいでみた

11時10分に再始動しました。

DSC00927
山頂までの登り返し

DSC00929
戻るルートが見えますが目的地は右の雲の下あたり

DSC00932
帰りは帰りの景色を楽しめる

DSC00937
ミヤマアズマギク

ご機嫌なトレイル - Spherical Image - RICOH THETA
絶景ですね

DSC00949
遠くにたぶん佐渡島

DSC00950
こっちは能登半島かな?

白馬岳から1時間半で小蓮華山まで戻ってきました。
行きと違って人が少なかったのでマッタリ。

DSC00951
大池が見えると戻ってきたって感じがする

DSC00952
雪倉岳は雲の中

DSC00955
お昼過ぎると雲が出てきますね

昼寝しそうになったので再出発。

DSC00964
山荘も見えてきた

14時半にテントに戻りました。

白馬大池でマッタリ


テントに戻るとサンダルに履きかえて池に足を突っ込みクールダウン。
かなり日焼けしたのでビールは我慢して水を多めに飲んだり昼寝をしてマッタリ。

夕方になったので缶酎ハイやワインを片手に夕食。

2018-07-15 17.01.48
肉が食べたかったので牛の甘煮

2018-07-15 17.10.50
チーズたっぷりのパスタ(半分に折っても入らず)

2018-07-15 17.17.12
バターロール

薄曇りだったので夕焼けは諦めて19時前には就寝。

まとめ


稜線歩きは事前に想像していた以上の絶景を絶え間なく見せてくれました。
ただその代償で日焼けしすぎました。
あと長ズボンじゃなかったのでハイマツが地味に擦れて痛いw

3日目に続く

GPSログ



こんな記事も書いてます

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
登山、カメラ、スキーにはまっている子供みたいな大人です。
Flickr