写真やら登山やらの趣味日記

フォレスター

10月にレガシィが7年目の車検を迎えるので、事前見積もりのためディーラーに行ってきました。
気が付けば走行距離が7万km超えました。
待っている間に新型フォレスターの試乗車がちょうど空いてるので試乗どうですか?ということで乗ってみることにしました。
SUVって地上高の高さから船に乗っているような感覚になるので正直あまり好きになれないタイプの車です。
でも食わず嫌いもよくないし新型プラットフォームを体験してみたかったので試乗。

グレードはベースのツーリング。
ベースといってもプレミアムとは装飾関係の装備が違うだけでエンジンも含めて基本性能は同じ。
本当はハイブリッドであるアドバンスに乗りたかったのですが、これは9月まで試乗車がないと。
まず乗ってみて当然ながらアイポイントが高くて昔家にあったエスティマを思い出します。
乗り心地は非常にしなやかで経年劣化でマイルドになったとはいえまだ突き上げ感が強いレガシィとはかなり違っていい感じ。
加速感は形式は違いますが同じ2500ccに乗り慣れているので感動はなし。
SUVも悪くないなと思えた試乗でした。

戻るとレガシィの車検の見積もりが完成してましたが猛烈に高い。
タイヤの溝がないので交換が必要になり同一スペックのポテンザが見積もりに入ってました。
それだけで20万円近い出費ですが、ポテンザは不要なのでタイヤは見積もりから外しました。
状態のいいタイヤを探しつつ最悪10月末からスタッドレス生活でも構わないわけですし。

そして興味本位でレガシィの下取り査定とフォレスターの簡単な見積もり。
レガシィは想像以上に安くてがっかり。
フロントガラスの欠けがマイナス査定に大きく影響していました。
フォレスターは簡単なつもりが、なんだかんだとこだわりの装備を付けたりして結構ガチの見積もり。

そして目出度くご成約w

グレードは乗ってもないe-boxer搭載のアドバンスにしました。
高速乗りまくりのくせに2500ccではなく2000cc+モーターにしたのは何となくノリです。
燃費は大差ないしガソリン車に比べると15Lほどガソリンタンクが小さいので航続距離が短くなるデメリットがあるのですが・・・
そうすると高山まで無給油で往復出来ない可能性が出てきます。
さらにハイブリッドといってもオモチャみたいなモーターがCVTに付属しているだけなのでトヨタみたいな高度なシステムではありませんし、バッテリーのせいでサブトランクが皆無になるとあまメリットがある選択ではないと我ながら思います。

レガシィと比較すると
  レガシィ フォレスター
全長 4775mm 4625mm
全幅 1780mm 1815mm
全高 1535mm 1715mm
最低地上高 150mm 220mm
車両重量 1540kg 1640kg
室内長 2190mm 2100mm
室内幅 1545mm 1545mm
室内高 1230mm 1270mm

全長が10cmぐらい短くなったのでコンパクトカーへ乗り換えですねw
本当はアウトバックが欲しかったんですが、運転支援関係がショボいので諦めました。
納車は11月上旬予定です。

今回買い換えは想定していませんでした。
その証拠(?)に昨年はバッテリ-とスタッドレスを新調。
ウォッシャー液も凍結防止で濃い状態で満タンまで補充してるし。
さらに今年はナビを更新しています。
スタッドレス以外は次のオーナーさんはラッキーですね。
夏タイヤの溝ないけど・・・

コメントする

名前
 
  絵文字