写真やら登山やらの趣味日記



さだPーさんと御殿山コースで武奈ヶ岳に行ってきました。
先日飲みに行った際にノリで決まった登山ですw
当初は翌日で計画していましたが所用で前倒しになりました。
みなさんすみません。

天候に不安を抱えながら移動


前日までの予報では明け方までは雨が残るものの回復する感じでしたが、当時の朝に再度見るとギリギリ雨じゃない感じの予報に変わっていました。
とりあえず行ってみようと言うことでさだPーさんをピックアップして6時半に葛川の市民センターに到着(Google MAPで場所を確認)。
駐車場はガラガラでした。
モソモソと準備開始。

序盤からハプニング


6時50分に駐車場を出発。
この時期の装備と言うことで何も考えずに短めのパンツ+タイツの構成でスパッツは持ってきていません。
雨以前にぬかるみ等も慎重に歩かないと靴の中に泥が侵入してくるという簡単なことを失念していました。


怪しい雲行き


赤い橋を渡ってスタート

登山口を通過してすぐに異変に気が付きます。


倒木だらけ・・・

5分も登ると登山道が倒木でふさがれていました。







最近の台風で倒されたと思います。
直登気味の踏み跡があったので直登して倒木をまたいだり、くぐったりしながら、登山道に合流しましたが帰りが心配ですね。


ブナの森に入ると倒木は目立たなくなる


時折大木が倒れてますが序盤に比べると少ない


8時半に夏道と冬道の分岐に到着

真っ白な世界に突入


分岐は当然夏道(無雪期ルート)をチョイス。
ぬかるんだところが結構あるので慎重に歩くことを強いられます。

DSCF3280
湿度100%で汗が乾かない(Photo:さだPー)


幻想的


危なそうな巨大キノコ


綺麗な花

9時20分に御殿山に到着。


武奈ヶ岳が美しい・・・(はず)

ここからワサビ峠まで一気に下ります。
と思って地図を見ると標高差は50mだけなんですね。
めちゃくちゃ下った印象があります。


ワサビ峠を通過

.
西南稜も当然真っ白ですが木々が少し色づいている


見えないけど山頂まであと少し

10時10分に真っ白な山頂に到着。
道中2人しか会いませんでしたが、山頂には数名の人影が。
イン谷口からの登山者でしょうか?
ベンチにちょうどいいサイズの石が2つあったので腰を下ろして昼食タイム。
真っ白い景色の中で、30分ほど休みました。

下山時もハプニング


10時40分に下山開始。


白い

下り始めると続々と登山者が登ってきます。
こんな天気なので人と会うとは想定外でした。
そしてレインウェア着ている方が多数いましたが暑くないのかな?

ぬかるみゾーンを慎重に抜けて倒木ゾーンへ。
ルートが分かれていたのでテープが新しそうな方に移動しようとしたら足下が崩れて尻もち。
お尻が真っ茶色になり地味にショック。

そこからはテープに従って倒木をまたいだり、くぐったりしながら下りました。


こんなことになってたり


こんなことになっていても新しめのテープをたどるのが正解のようです

登りの時に不安になっていた下りも正規の登山道を通ると問題ありませんでした。
ぱっと見、倒木で塞がれているようにしか見えませんがだいたい通れます。


13時10分に無事下山

水路で泥を落としますがお尻の汚れはどうにでも出来ません・・・

お風呂とご飯


駐車場に戻ると車がいっぱい。
みなさん出発遅くない?と思いつつ後片付け。

先ずは乾かない汗と霧で全身濡れたので「くつき温泉 てんくう」で汗を流しました。
そして登山の目的である朽木そば。


今回は十割そばにひかれて「朽木旭屋


鯖寿司と並盛りでお腹いっぱいになりました

帰りは湖西道路で一瞬渋滞しましたが、それ以外は快調に走って帰宅。
帰宅してズボンは先に手洗いしましたw

まとめ


生憎の天気でしたが、そばを食べるための登山と言うことで目的は達成できたと思いますw
どうも武奈ヶ岳とは相性が悪いですね。

GPSログ



こんな記事も書いてます

コメントする

名前
 
  絵文字