写真やら登山やらの趣味日記



立山登山2日目です。
1日目はこちら


朝から快晴


4時半頃に目が覚めました。
目覚ましはセットせずそのうち起きるだろう作戦です。
昨夜は1時過ぎに1度目が覚めたので空を見ましたが、薄雲がかかっているのか星がぼんやりしていたので写真は撮っていません。
テントの室温は15度ぐらいで外は10度前後で酷暑になれた体だと結構寒いです。


今日もいい天気


コーヒーで体を暖める

コーンリゾッタを食べて昨日の汗臭い服に着替えました。
手袋等は川で洗っているのでそこまで臭くないはずw


テント場にも日差しが入ってきた

雄山に向けて出発


当初は別山に登って雄山に向けて時計回りに歩くつもりでした。
でも通称「神の道」は2年前にも歩いて気持ちよかったので反時計回りに変更。

軽くストレッチをして6時50分に出発。


浄土橋


にやけるしかない光景

浄土橋を渡ってすぐに右折して少し歩いた所にある大走りとの分岐をさらに右折すると神の道です。


朝露に光るチングルマ


お花畑


防御力最高のお地蔵様も健在


時折振り返るとこの絶景


室堂からの登山道には一部残雪


クルマユリ(?)


岩だらけゾーンをクリアすると室堂からの登山道と合流


登山道(舗装路)と合流

神の道を気持ちよく歩けました。
約2時間で一の越山荘に到着。


槍ヶ岳


槍ヶ岳と右端に笠ヶ岳


左奥に八ヶ岳


黒部平に向かって下るパーティー


見上げると大渋滞の登山道(ちなみに見えているのは偽ピーク)

20分程休憩して再始動。
山頂まで300m登ります。
昨年登山道が整備されて登りと下りが分離されたのでましですが相変わらずの渋滞です。
遅いパーティーを抜こうとしたら後ろから速いパーティーが来たり、落石させないように注意したりとなかなか大変です。
渋滞で立ち止まっているときも上からの落石がないか警戒する必要がありますし。
休憩で脇にそれたら合流できずに延々と待ったりもしました。


でも振り返ると五色ヶ原とその後ろに2年間に登った薬師岳


笠ヶ岳・黒部五郎岳とその前に憧れの雲ノ平


一の越山荘から山頂までの約2/3登ったところが偽ピーク


1時間半もかかってやっと山頂手前(実質山頂)に到着

山荘から1時間程度の予定でしたが、渋滞がひどすぎました。
でも絶景が迎えてくれます。


レッドブルこと赤牛岳


黒部湖を挟んで反対側の針ノ木岳方面


薬師岳そしてさらに続く稜線


社務所でコーラとお茶を補給

コーラが体中に染み渡りますね。


山頂は参拝する必要があるので今回はスルー

立山を縦走


20分程休憩して11時に縦走開始。
鳥居の脇にある縦走路を歩きます。


3000mの稜線


テント場があんなに小さい(標高差700m)


黒部湖もチラリ


20分程で大汝休憩所に到着


大汝山山頂は真横

お腹は空いてないですが、ハンガーノックになったら困るので久々のカップラーメン。
このカップラーメンはいつからストックしていたのかわからないぐらい山でカップラーメンを食べてませんw
休憩所の前の狭いスペースで昼食を済ませました。
でもわざわざお湯を沸かさず休憩所の食堂でカレーを食べても良かったですね。

12時15分に満腹状態で動き出します。
食べ過ぎ感がありますが、水分しか取ってないので何か食べないと。


剱岳が登場

ちなみに休憩所の裏は広いので休憩するのであればこちらがお勧めです。
雪渓もあるのでクールダウンできます。

10分程歩くと富士ノ折立。


こちらも登山道からそれているので山頂はパス


少し雲が目立ってきた


黒部ダムは放水までは見えず


天空の楽園にしか見えない


富士ノ折立からザレた道を一気に下ります。
雄山(3003m)、大汝山(3015m)、富士ノ折立(2999m) のぞれぞれ山頂脇をクリアしました。


内蔵助カールまで降りてきた


一気に200mほど降下

内蔵助カール - Spherical Image - RICOH THETA
内蔵助カールを全天球で

ここから別山まで登り返すかどうか悩みますが、雲が出てきたので大走りで戻ることにしました。
ガイドの方が数日前にここで雷雨にあってかなりビビったという話しも聞いてこちらもビビりました。


大走りは一気に下るのでその分しんどい


別山はまた今度

1時間半単調な登山道をひたすら下り続けました。
ここは作業区間ですね・・・


河原まで降りてきたら後はテント場まですぐ


今回は裸足で川に足を突っ込みました

今日も川でクールダウンしてテントに戻りました。

快適なテント生活


テント場に戻るとかなりテントが増えてきました。
後片付けをして、着替えを持って移動。


徒歩5分ぐらいで温泉に入れる


雷鳥沢ヒュッテ

温泉(入湯料700円)でサッパリしました。
服はパジャマ代わりの長袖Tシャツとステテコに着替えましたがパンツの予備を忘れたので汗臭いままです。


自販機で氷結をゲット

テントに戻り、氷結をチビチビ飲みます。
風呂上がり&空腹だったので気持ちよく酔いが回りました。
一瞬雨が降ってきましたが、通り雨だろうということで誰も動じないのが面白いところ。


洗濯を干して


このパスタが大好きですが水気がなくなるまで煮込むという指示がどの程度なのか未だに不明


雨の後は急に晴れたり


西側は雲と沈み掛けの太陽で幻想的


日が沈むとこの通り

歯を磨きに水場に行って戻ってくるとご近所の方が「さっきまであそこに雷鳥の親子がいたよ」と教えてくれましたが時既に遅し・・・
雷鳥さんそろそろ会いましょうよ。
ちょっとショックですが今日も19時過ぎには寝ました。

3時過ぎに目が覚めました。
夜明け前ですがまだ暗いので空を見上げると星空。
カメラを準備して何枚か撮影。


α7の高感度特性を使ったごり押し撮影

雷鳥沢キャンプ場の星空 - Spherical Image - RICOH THETA

全天球でも

ペルセウス座流星群の一部だと思われる火球も見ることができました。
そしてもう眠れないかと思いましたが、再び就寝。

まとめ


立山を縦走できました。
厳密にはどれもピークハントしていないので立山を征したとは言えませんが細かいことは気にしません。

今日も最高の天気の中、登山を楽しめました。

3日目に続く

GPSログ



こんな記事も書いてます

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
登山、カメラ、スキーにはまっている子供みたいな大人です。
Flickr