写真やら登山やらの趣味日記

DSC00519

1泊2日(2泊3日?)で広島旅行に行ってきました。
アパホテルが6月末まで1泊2500円で宿泊できるキャンペーンを展開していたのでそれを利用する前提でどこかに行こうと考えた結果、久しぶりに呉に行くことにしました。

・1日目

早朝の新大阪から呉へ


自宅から移動することは十分可能ですが、安く泊まれるので新大阪のアパホテルに前泊です。
前夜は久しぶりに京橋で串カツを堪能していました。

6時すぎにホテルをチェックアウトして新大阪駅へ。
ドトールで朝食を仕入れてホームに向かいます。

今回の往路はこだまでまったり旅です。

DSC00387
6時59分発の「こだま841号」が今回の旅の目的の1つ

ホームで少し待っていると入線案内。

DSC00389
500系登場

発車まで時間があるので思わずパシャパシャ。

DSC00393
もう少しきれいにしてあげて・・・

DSC00397
男前ですな

DSC00398
このフォルムがいい

「こだま841号」は500系で運用されているので乗車目的でこの時間です。
※2020年度ダイヤの場合
そして座席は6号車を狙って座席を確保しています。
6号車と言えば・・・

2020-06-27 06.59.27
グリーン席からフットレストを外した車両

実質グリーン席に座りながら旅が始まります。
他の指定席も二人がけでかつ新しいシートなので座り心地は大差ないかもしれません。

2020-06-27 07.29.56
シウマイやかまぼこの配給

ここで問題が発生。
新大阪でビールを買い忘れたので姫路駅とかの長時間停車の隙に仕入れるつもりでした。
まったり移動のこだまの特権ですね。
ところがホームには売店がないし改札まで行っても売店どころかアルコールの自販機すらない。
というわけでコーヒーでシウマイを食べました。

2020-06-27 08.47.25
三原ではキティー号を発見

あっという間に2時間20分の旅は終わりました。

2020-06-27 09.22.24
さらば500系

広島に着く直前から雨音が気になりますが・・・
広島駅のコインロッカーに不要な鞄を入れて在来線に乗り換えます。

2020-06-27 09.35.13
広島駅に立ち寄ったのは小学生の修学旅行以来

2020-06-27 09.34.59
新車が入って国鉄から脱却した広島エリア

30分ほど電車に揺られて呉に到着。

呉観光


数年ぶりに呉に訪れました。


まず駅から出て確認したのが雨。
幸い雨は降っていませんでした。
今回傘は現地購入するつもりで持ってきていないので降らない方が助かります。

駅から少し歩いてスーパーを通り抜けると・・・

DSC00401
てつのくじら館

相変わらず潜水艦が地上にあることに違和感がありますw
てつのくじら館には向かわずに大和ミュージアムの隣の建物へ。

DSC00403
まずは艦船めぐり

DSC00404
大和のドッグの前には現在メンテナンス中の「いかづち」

DSC00407
護衛艦「さみだれ」

DSC00408
輸送艦「くにさき」

DSC00409
訓練支援艦「くろべ」

DSC00412
補給艦「とわだ」

そして今回の主役の登場。

DSC00417
自衛隊最大にして大和より大きい護衛艦「かが」

間近で見るとやはり大きいですね。

DSC00422
掃海母艦「ぶんご」

DSC00434
音響測定艦「ひびき」か「はりま」

DSC00445
X舵が特徴的なそうりゅう型の潜水艦もいっぱい

DSC00449
奥にはおやしお型も(陸地にある赤レンガ倉庫は旧日本軍の建物)

DSC00452
「かが」の横を通って戻る

DSC00455
大和のふるさと

DSC00456
旧日本軍の建物が今の呉地方総監部

あっという間の35分間でした。
自衛官の方々も作業の手を止めて手を振ってくれたりとかなり満足でした。

昼食にためにハイカラ食堂へ。

2020-06-27 11.55.37
今日は車じゃないので昼からビール

2020-06-27 12.01.45
カレーはそうりゅうタイプを選択

鯨カツとかも入っていてかなりのボリュームでした。
昼間からビールはいいもんですね。

食後はてつのくじら館に移動。
現在、見学の時間帯を分けてさらに入場制限が行われており、13時30分の回は13時10分から受付となっています。
というわけで13時前に到着。

DSC00460
やっぱり大きい

DSC00462
到着

DSC00464
潜水艦の真下で入場待ち

検温と受付で個人情報を記入して13時半をになるのを待ちます。
見学可能時間は15時まであるので、まずは2階の展示物は後回しにすることにしました。

DSC00470
一気に3階の潜水艦コーナーへ

DSC00471
展示物を脇目に移動

DSC00472
潜水艦に入ります

このために超広角レンズを持ってきましたw

DSC00473
狭い船内

DSC00474
さらに狭くなる

DSC00475
トイレw

DSC00476
ムーディーな船室(違)

DSC00477
すべてが狭い

DSC00479

DSC00481
艦長室でこれ

DSC00482
どんどんメカメカしくなる

DSC00483
司令室に到着

DSC00485
潜望鏡は「かが」をロックオン

DSC00486

DSC00487

DSC00488

あっという間に潜水艦内部から抜け出しました。
先に見学したので艦内はガラガラでよかったです。

DSC00490
脇腹からの眺め

ここからゆっくりと見学です。

DSC00492

DSC00498

DSC00500
爆破でこれが空を舞っているシーンが繰り返し流されてる

DSC00503

DSC00505
現物の展示はいいですね

潜水艦フロア、掃海艇フロアを見終わったので出口へ。

DSC00507
レモンスカッシュで一息

土産物を物色して珍しくパーカーを衝動買い。
休憩もできたのでてつのくじら館を後にします。

DSC00512
鼻先

DSC00511
潜水艦のアンカー

DSC00517
スーパーの横に潜水艦は情報量が多い

てつのくじら館の前にある大和ミュージアムに移動。
目の前にあるので移動が楽ですね。

DSC00520
戦艦「陸奥」の主砲

DSC00521
このご時世なので注意書きだらけ

大和ミュージアムも混雑している様子もなくすぐに入館できました。

DSC00522
特別展示されている「誉」エンジンは今回見たかった展示物

DSC00534
相変わらず巨大な大和の模型

DSC00537
18mmのレンズだと余裕で収まります

DSC00542
沖合には輸送艦「しもきた」が停泊

DSC00545
特攻兵器「回天」

DSC00546
零戦

DSC00558
3階から見下ろす

DSC00560
展望デッキから見るてつのくじらこと「あきしお」

他にも回りたいところはありましたが、時間的に厳しいのでここで打ち止め。
それでも呉を堪能できました。

お好み焼きへ


17時前の電車に乗って広島市内に戻りました。
コインロッカーから荷物を取り出してアパホテルへ。

シャワーで汗を流して18時半に地元の方にピックアップしていただきました。
そして念願のお好み焼き。

2020-06-27 19.00.02
連れてきてもらったのがこのお店「寄り家。」

2020-06-27 19.06.19
まずはビールで水分補給

2020-06-27 19.15.30
ご当地グルメの「コウネ」

2020-06-27 19.20.43
ホルモン

そしてお好み焼きタイムに突入。

2020-06-27 19.42.16
イカ天・ネギトッピング

2020-06-27 19.42.20
イカ天・餅トッピング

2020-06-27 19.43.56
おろしワサビ

ここのお店はそばをパリパリに焼くスタイルでサクサクとして美味しかったです。
お酒が無限に飲めそうでした。
食後は近くのマックスバリューでご当地ソースのカープソースをゲット。

再びホテルまで送り届けていただき本日の旅は終了。

もう少し時間をもてあますかな?と思っていましたがちょうどいい感じのペース配分で遊べました。
奇跡的に雨に降られることもなく助かりました。

こんな記事も書いてます

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
登山、カメラ、スキーにはまっている子供みたいな大人です。