写真やら登山やらの趣味日記

DSC00327


掃除をしていたらCANON 7が出てきました。
祖父が若かりし頃に使っていたカメラです。
このまま朽ち果てさせるのはもったいないので引き取って防湿庫で保管することにしました。

CANON 7とは


キヤノンのレンジファインダーカメラの最終として発売されたモデルです。
その後カメラは一眼レフが主流になったそうです。

主な仕様
発売年月 1961年(昭和36年)9月
発売時価格 86,000円(50mm F0.95付き)
47,500円(50mm F1.4付き)
型式 35mmフォーカルプレーンシャッター式距離計連動カメラ
画面サイズ 24×36mm
標準レンズ キヤノン50mm F0.95他
マウント ねじ式および50mm F0.95レンズ用/ミラーボックス2用の内3爪バヨネット式
シャッター 2軸式の金属幕横走行フォーカルプレーン1/1000、1/500、1/250、1/125、1/60、1/30、1/15、1/8、1/4、1/2、1秒、B、T、X(1軸不回転ダイアル式)、セルフタイマー内蔵、シャッタ-ボタンのロック機構付き
フラッシュシンクロ FP、X接点(自動切り換え式、X接点の同調秒時は1/60秒、ターミナルソケットはボディ側面の直結バヨネット式)
ファインダー 二重像合致式連動距離計と倍率0.8倍固定式35mmレンズ用、50mmレンズ用、85mm/100mmレンズ用、135mmレンズ用にと視野枠を手動式で4段階に変えられる採光ブライトフレーム付きパララックス自動補正式ユニバーサル・マークファインダーによる一眼式、有効基線長は47.2mm
内蔵露出計 シャッターダイアルの回転に連動する高低2段切り替え、追針絞り値読み取りのセレン光電池式露出計内蔵、測光連動範囲は、ISO100の条件でEV12~19、EV6~13
フィルム装填・給送 裏蓋開閉スプール差し込み式、巻き上げ角140度、予備角約20度による上部回転レバー式(小刻み巻き上げ可能)
フィルムカウンター 裏蓋開閉スプール差し込み式、巻き上げ角130度、上部回転レバーによる1作動式(小刻み巻き上げ可能)、裏蓋の不用意開放を防ぐ安全ロック機構付き
フィルムカウンター 裏蓋開放に連動して自動復帰する順算式0~40目盛り、給送・巻き上げ確認機構付き
フィルム巻き戻し 回転クランク式(ARリングをR位置にて巻き戻す)
大きさと質量 140×81×31mm、865g(50mm F0.95付き)

キヤノンカメラミュージアムより


今回見つけたのはF1.4のモデルです。
いつ購入したかは不明ですが、約60年前の品物になります。
そんな古いカメラを手にするとは思っていませんでした。
ライカのLマウントなのでライカレンズ等に交換することも可能のようで沼にはまり込みそうです。

観察


DSC00314
放置されてた割に奇跡的なきれいさ

DSC00316
メカっぽい(真ん中は露出計)

DSC00320
レンズもカビは見当たらず

DSC00323
シリアル

DSC00324
持病の幕にシワがでる症状もなくたぶん使えると思う

DSC00325
レンズはF1.4

状態を見る限り、フィルムを入れるだけで使えると思います。
完全マニュアルでフルオートに頼り切っている私が使えるのかどうか怪しいですが、せっかくなので使ってみたいですね。

ファインダーをのぞくと真ん中が二重に見えるのでそれがきれいに重なるようにフォーカスリングを回すようです。
そしてフィルムの感度を考えながら絞りとシャッタースピードを決める・・・
普段から絞りは固定でISOやシャッタースピードはカメラ任せで撮って気にくわなければ露光補正をするという雑な取り方なので勉強する必要がありますね。

その前にAF付きで練習した方がいいのかもしれません。
フィルムの一眼レフも防湿庫で眠っているので。

DSC00328
7シリーズと10シリーズ

防湿庫がそろそろパンパンです。

こんな記事も書いてます

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
登山、カメラ、スキーにはまっている子供みたいな大人です。